オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。


2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ホームページを更新 ~リーフレット掲載

オホーツク北見塩やきそばのリーフレットがこのたび完成いたしました。その内容をホームページにも掲載しております。リーフレットには、「食べ歩きマップ」ものっており、提供店が地図に示されていますので、お店めぐりにご利用ください。


リーフレットの配布先等に関しましては、後日お知らせしたいと思います。

スポンサーサイト

| 未分類 | 20:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

断水の影響

新聞・テレビ等で既にご存知の方も多いと思われますが、北見自治区(旧北見市)と端野町自治区の合計5万2千8百世帯において、23日の午前中から断水が続いています。現在(24日14時現在)は市内30地区において水道が使えるようになっていますが、濁った水がでるなど完全に正常に戻るまでにはまだ時間がかかりそうです。さらに、地域によっては復旧には25日午前中までかかる見込みで、生活面、また飲食店などにも多大な影響を及ぼしています。このためオホーツク北見塩やきそばの提供店の多くも営業を行なえず、のぼりを下げていたところも多数見かけました。


断水は23日の午前中から徐々に水の出が悪くなり、三輪方面は朝から、桜町は午後2時ごろから、また小泉、端野は夕方までに完全に止まったようです。市内の巡回アナウンスも良く聞こえず、断水であることを知るまでには時間がかかったことで、その後の水の確保、仕事や行動の予定にも混乱があり、市内では飲料水を買い求めるためか、多くの車が走り回っているという状況でした。「いつまで続くのか」ということが非常に皆知りたかったことですが、ニュースやネットで公報される復旧の目処については、時間を追うごとに伸びている状況でした。


今回の断水も一つの災害です。「水」のない生活を急にしなければならないというのはとても不安なもので、トイレも食事の用意にも、風呂にも使用しますから、水の確保のためには皆さんは本当にご苦労されたことと思います。これを機に、災害時の備えというものを改めて考える必要があると思いました。

| 未分類 | 19:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

推進協議会 第6回

オホーツク北見塩やきそば推進協議会の6回目の会合が6月15日(金)に行なわれました。メニュー提供開始から2回目となりますが、デビュー後にも本当にいろいろなことがあり、決めることもたくさんあります。やはり定期的にはこの協議会を開いていかなければならないと思います。
今回の会合では、開始一ヶ月の販売数量の集計結果の確認、各店からの問題点と課題の確認のほか、各店のルール遵守の状況、新たな参加希望店への対応、タイアップ企画やイベント出展参加のスケジュールなどについて話し合われました。イベント参加の場所と日程については確定次第、お知らせいたします。

| 未分類 | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

観光会議北海道 vol.22 2007・夏号


(株)リクルート北海道じゃらんと札幌国際大学観光学部が協力して発行している観光業界向け季刊誌「観光会議ほっかいどう」にオホーツク北見塩やきそばが紹介されました。
この雑誌は、書店にはなく、全道の観光課・観光協会、旅館・ホテル経営者、旅行会社の方々など、観光に携わる方々に無料配布されているものです。


今回のvol.22では、
「市町村合併で豊富になった食の魅力をまちおこしに生かす」ために、オホーツク北見塩やきそばのメニュー開発を行い、その苦労話やエピソード。そしてデビューしてからの状況について、会長のコメント入りで紹介していただいてます。


そして、道内人気観光地調査の結果も関東の特集で組まれていました。これは、雑誌「じゃらん北海道発」で行なった調査で、1000人ものアンケートの結果です。
思い返せば昨年の11月にヒロ中田編集長が北見に来て、北見の観光満足度の低さを、このアンケートの結果をもとに説明してくださいました。そしてやきそばの提案をうけ、食による満足度の向上を目指そうという試みがこうして今日のデビューを果たし、多くの人たちに食べていただくことが出来たわけです。今後、満足度を揚げることは出来るものでしょうか。北見はもともと出張などで、訪れるビジネスマンの滞在が大変多い町でもあります。この方達には少なくとも食の満足度はあがったのではないかなと思いますが、いかがでしょうね。

| 未分類 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブログレポート3 ビリーザキッド


「オホーツク北見塩やきそば」提供店をご紹介するブログレポート。
3件目は「オホーツク産食材ハンバーグの店 レストラン ビリーザキッド」です。


ビリーザキッドといえば、北見では知らない人はいませんね。
私も学生の頃からずーっとお世話になっているところで、わりと低価格でおいしいハンバーグやステーキが食べられ、洋食メニュー全般にそろっている事から、西の「カルネ」、川東の「遊牧民族」、そして夕陽は「ビリーザキッド」というように昔から若者がよく集う所だったように思います。
もともと鉄板を使ったメニューが多く、また材料にもこだわっていて、中札内のいなか鶏やオホーツク産の豚肉、地元産の野菜を使ったメニューが多いことから、このお店ならオホーツク北見塩やきそばを提供するにも都合が良いと思っていたところ、このたび新たに提供店として参加してくださることになりました。
ステーキハウスが作るオホーツク北見塩やきそばとはどんなものかと興味津々、事務局と一緒に食べに行ってきました。


まず見た目は期待通り、今まで見てきたオホーツク北見塩やきそばとはまったく違います。鉄板を使った料理をもう何年も扱っているというだけあって、見た目と音、強めのニンニクの香りはもう完全にステーキハウスの趣です。大きくカットし、ふっくらと炒めた野菜と、大ぶりのホタテのバターソテー、そしてその上にはなんと!チーズフォンデュのソースがかかってきます。その組み合わせは、見た目にはとても良いですが、はたして美味しいのかどうか想像もつかず、ちょっとした冒険心をくすぐられます。
しかしこれが実際に食べてみるとなかなかのもので、
すごく美味しいです。塩やきそばとホタテ、チーズフォンデュの組み合わせは抜群でした。おそらくはこのフォンデュ(「フロマージュソース」とご主人は名づけておられましたが)、相当研究されたのだろうと思います。決して奇をてらうわけではなく、食べてみるとごく自然な美味しさです。


驚く私達の様子に、「結構いけるでしょ!」と満足げなご主人の表情には、相当な自信があったように思いました。オーソドックスなオホーツク北見塩やきそばとは一味違いますから、食べてみる価値は十分にあります。
オホーツク北見塩やきそばは、ソースでもなく、あんかけでもない“塩味”です。塩味だから出来る色々なアレンジの面白さがあるように思いました。



市街中心より北西側、国道と平行して伸びる夕陽丘通りを留辺蘂方面に向かうと右手にあります。近くには、ピザハットや夕陽ヶ丘チャペルなど。駐車場も十分。テーブル席は14席ということで、結構たくさん入れます。
ハンバーグやステーキ、鶏肉のソーテーやカツレツ類、パスタ、麺類、デザートなどどれを食べるか迷うほどのメニューの数。そしてランチタイムには大変リーズナブルなセットがたくさん用意されています。


値段 840円
場所 北見市高栄西町9丁目4-11
電話 0157-61-0585
営業 AM11:00~PM10:30(ラストオーダーPM10:00)(第2木曜定休)




次回はまたいつか。お楽しみに。

| 未分類 | 22:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホームページを更新


オホーツク北見塩やきそばホームページ「参加店情報」を修正、更新しました。
最新の情報になっております。


今回は、新たに提供店として加わった、「ホテルパコJr北見 レストラン 北美月(きたみづき)」さんの情報掲載です。こちらもビリーザキッドさん同様、ブログレポートをお楽しみに。


これでこのたび新たに2店が、オホーツク北見塩やきそば提供点となり、全部で23店となりました。これからもよろしくお願いします。

| 未分類 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Hana*テレビ


HBC(北海道放送)の午後の情報番組「Hana*テレビ」の取材が8日(金)、行なわれました。笑安記のオホーツク北見塩やきそばが紹介されます。


放送は12日(火)、午後3時49分から午後6時55分までの放送枠の中で、詳しい時間は分かりませんでした。


「すべての女性の“見たい&知りたい”にこたえる、3時間の情報ワイド。Hana*テレビ」だそうです。今回は男性も必見ですね。

| 未分類 | 15:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ホームページを更新

オホーツク北見塩やきそばホームページ「参加店情報」を修正、更新しました。
最新の情報になっております。


今回は、「ニュー三四郎」さんの情報掲載と、今日(6月7日)から新たに提供店として加わる「ビリーザキッド」さんの情報掲載です。「ビリーザキッド」さんのやきそばは昨日、事務局と一緒に食べてきましたので、近々このブログでレポートを掲載したいと思います。

| 未分類 | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デビュー1ヶ月


6月1日(金)の北海道新聞オホーツク版にオホーツク北見塩やきそばの記事が掲載されました。
4月26日のデビューから1ヶ月たち、市内の提供店21店舗の合計売り上げ数は8,570食(推進協集計)。当初推進協議会で5,000食を目標としていましたが、それを大きく上回る結果となりました。当初からのPR不足は現在でも課題となっていますが、リーフレットの作成配布、イベント等でのPR販売などこれからもがんばります。


チカラの源、タウリンたっぷりのホタテを使ったオホーツク北見塩やきそばは、暑い夏を乗り切る定番メニューとして北見の名物になるでしょうか。

| 未分類 | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フリーペーパー 住まいる(Smile)


オホーツクの新しい生活情報誌「住まいる(Smile)」がこのたび創刊され、オホーツク北見塩やきそばが特集記事として掲載されました。


この情報誌は株式会社北海印刷さんによる発行で、毎月一回、北見、網走、訓子府、置戸、美幌、津別、大空の2市5町に無料配布され、管内の他の地域では書店におかれるそうです。発行部数9万部です。


今回の特集では、オホーツク北見塩やきそばの提供店5店を写真とコメント入りで掲載し、さらに定義とルール、各店のやきそばの特徴とインタビューが計5ページにわたって紹介されています。提供店の一覧も載っていますよ。

| 未分類 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。