オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。


2007年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年08月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オホーツク景観発掘ブログ


網走支庁主催の「オホーツク景観発掘ブログ」 http://0429.jp が7月10日からスタートしました。


製作は、オホーツク北見塩やきそば推進協議会のメンバーDさんが担当しています。オホーツクのまだあまり知られていない、あなたが見つけたすばらしい景観をブログで紹介してみませんか?


投稿は以下の下記サイトにて、
http://0429.jp/archives/2007/07/00003.php


・私のお気に入りの景観スポット
・観光バスが停まるほどではないけれど特徴のある景色
・地元の人しか知らない言い伝えや歴史がある場所
・過去に映画・コマーシャル・雑誌などで取り上げられた場所
・ユニークな建物、看板・場所はよく知られているけれど、名前が無いために伝わりにくい観光スポット


などを、募集します。


1)お名前(ハンドルネーム可)
2)メールアドレス
3)コメント(※この景観に対するコメント・場所をお書きください。場所については、後日地図にてご紹介したいと思いますので、なるべく詳しくお書きください。)
4)景観写真(※JPEG形式)
5)ネーミング(※投稿いただいた景観について、あなたが考える名前がありましたらご記入ください。)


以上をご記入のうえ、[景観を投稿する]より応募ください。


今回のキャンペーンでご応募いただいたそれぞれの景観に名前を付け、オホーツクの新しい観光スポットとして全国に広めていきましょう!


ノンカテゴリーの通年募集のほかに、月替わりでテーマごとの募集も実施!すぐれた投稿には賞を贈呈するほか、投稿者の中から毎月抽選でオホーツク地域の特産品を贈呈します。
たくさんの応募をお待ちしています!


投稿は携帯からもOK(詳しくは携帯サイトを参照)。郵送でも受け付けています。
宛先はこちら。


〒090-0058 北海道北見市高栄西町4-7-13
株式会社ワイズスタッフ  オホーツク景観発掘ブログ事務局

スポンサーサイト

| 未分類 | 17:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

“ビア&カフェ ぼんち村”


週末にかけて天気が崩れるという予報は見事にはずれ、この夏一番ともいえる暑さの中、第54回北見ぼんちまつりの協賛事業“ビア&カフェ ぼんち村”にて、オホーツク北見塩やきそばの販売を行ないました。会場は市役所そばの中央公園、オホーツク北見塩やきそばの販売は20日(金曜日)の夜から3日間でした。 



オホーツク北見塩やきそば協議会メンバー、参加店からの応援を含め総勢9名のスタッフが日替わりで担当。リーフレットの増刷の資金源のため、最低600食は販売しようと気合がはいります。



20日(金)の17時30分からスタート。会場にも少しずつ人が集まってきました。メンバーも今回から、初お目見えの「オホーツク北見塩やきそばTシャツ」を着て挑みます。
味の調整のあと、夜からのピークに向け量産体制に入ります。作るところをずーっと見てましたが、見事な手さばきで15人前を一気に焼きます。さすがホテルの中華担当。プロが作るやきそばは美味しいですよ!



前日までは肌寒い天候でいたが、やきそば初日からとても暖かくなり、多くの来場者でにぎわいました。ビールも売れたことでしょう。



2日目、土曜日も快晴。屋台の中はサウナのような状態で、しかも高火力の鉄板の前とあってものすごい熱さです。普段厨房に立っている方たちにすれば、当然のことかもしれませんが、暑さに耐えられない私と事務局は、直射日光に当たっているほうがまだましということで、屋台の外で呼び込み兼販売担当をしていました。




この日は、会場の隣、市役所横の小公園で「市民の夕べ」が開催されており、午前中から多くの人手がありました。大型の鉄板を2台使ってどんどん焼きますが、間に合わず行列となってしまう場面もあり、ました。



焼くひと、盛り付けるひと、パックするひと、売る人というように流れ作業でどんどん作っていきます。



今回のやきそばは、パプリカを使い、彩りを綺麗に。青海苔ではなく刻みのりとネギを散らしたので、風味もよく大変美味しくできました。



3日間がんばって、売り上げの総計は当初の予定を大きく上回る1000食でした。材料は600食分しか用意していなかったので、調理担当スタッフの皆さんは追加の仕込み作業にも追われていたようです。
皆さん大変お疲れ様でした。

| 未分類 | 10:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

札幌大通 納涼ガーデン


7月21日(土)、札幌市の大通で行なわれているビアガーデン「納涼ガーデン」において、網走支庁様ご協力のもと、サッポロビール株式会社様とタイアップした、オホーツク北見塩やきそばのPRを行なってきました。



今回は大通西8丁目「THEサッポロビアガーデン」のステージイベントにおいて、オホーツク北見塩やきそばの定義とルール、デビューまでの経緯、地元の反響、素材のこだわりなどについて、推進協議会会長の梶井さんが200インチの大型シアタースクリーンを使ってPRしました。



土曜日の夜7時からという、絶好の時間です。会場は大変多くの来場者で賑わい、2,500席がほぼ満員という状況でした。


 


ステージイベントのあとは、銀座ライオン様のご協力によるオホーツク北見塩やきそばの販売が行なわれました。2日間で合計400食という限定販売でしたが、大変好評を得られたようです。そして購入された方には、北見の特産「オニオンスープ」とリーフレットが配られました。
札幌で食べられた方もぜひ、北見でオホーツク北見塩やきそばを食べていただきたいですね。

| 未分類 | 21:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

大通納涼ガーデン

第54回札幌夏まつりの関連イベント、札幌市の大通で行なわれる「納涼ガーデン」において、サッポロビール株式会社様とタイアップし、オホーツク北見塩やきそばのPRを行ないます。


7月20日から20日間行なわれるビアガーデンの期間中、2日目の21日(土)と22日(日)の二日間、時間は両日とも19時から19時30分まで。
実施場所は大通西8丁目のサッポロビールの会場「THEサッポロビアガーデン」です。
1日目のステージイベントでは、当協議会会長の梶井さんが出演し、オホーツク北見塩やきそばの魅力をたっぷりとお伝えし、その後限定各100食、やきそばを販売します。


また期間中、網走支庁がオホーツクのイメージのブランド化を目指す「オホーツク・エリア・アイデンティティー(AI)」事業の一環として、サッポロビールとの連携により、網走や北見などで栽培された大麦、斜里岳のわき水を使った限定生産ビール「7月の風」が販売されます。そのほかにもオホーツクの魅力をお伝えする企画が満載です。


お近くにお越しの際にはぜひお立ち寄りください。


 

| 未分類 | 15:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

はなまるマーケット

TBS系列全国ネットのテレビ番組「はなまるマーケット」でオホーツク北見塩やきそばが紹介されます。


●放送日時 7月27日(金) 午前8時35分~午前9時5分頃の放送
●出演者  岡江久美子、薬丸裕英、藤吉久美子(金曜レギュラー)、海保知里(TBSアナウンサー)


●企画内容 とくまるコーナー「北海道の見たい!食べたい!楽しみたいベスト3」
       視聴者の知りたい北海道情報を、ランキング形式で紹介
       1.北海道絶景ベスト3
       2.北海道グルメベスト3 ←ここでやきそばが紹介されます
       3.北海道お土産ベスト3


ビデオレターとして紹介されます。協議会による手づくりの映像が放送される予定です。
ぜひご覧ください。

| 未分類 | 15:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

金星ハイヤー


星のマークが目印の金星北見ハイヤー(株)様のご協力により、7月からフロントシートの背もたれ部分の広告スペースに、オホーツク北見塩やきそばの食べ歩きマップ(推進協製作:北見地区のみ)が掲載されております。
オホーツク北見塩やきそばの提供店をお探しの際は、金星ハイヤーをご利用ください。

| 未分類 | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

デビュー2ヶ月


4月26日のデビューから2ヶ月がたちました。
この間、オホーツク北見塩やきそばの提供店は、デビュー時の21店から2店増え、計23店舗となっております。


この提供店23店舗によるデビュー2ヶ月目の売り上げ数は8,145食(推進協集計)。1ヶ月目の8,570食と合計しますと、2ヶ月間で16,715食となりました。


おかげさまで2ヶ月経った現在でも提供食数はそれほど減っておりません。またデビュー3ヶ月目となる7月は夏のさまざまなイベント、学校給食などでの提供により、さらに増えることとなりそうです。


今後もさらに多くの方にオホーツク北見塩やきそばを食べていただけるよう、提供店、推進協議会一同がんばります。 チカラの源、タウリンたっぷりのホタテを使ったオホーツク北見塩やきそばは、暑い夏を乗り切る定番メニューとして北見の名物になるでしょうか。

| 未分類 | 22:16 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

司厨士協会出張レストラン


網走管内の洋食調理師らで作る全日本司厨士(しちゅうし)協会北見市部の会員12名が4日(水)、市内川東の知的障害者更生施設の「きたみ学園」「北見学園成人部」「川東学園」の三施設を訪れ、洋食ランチを振る舞いました。普段、外食の機会が少ない入所者達に本格的な洋食を味わってもらおうと、1982年(昭和57)から始まったこの行事は毎年行なわれ今年で26年目となります。毎年この行事を楽しみにしているという入所者のみなさんも満足げな様子でした。



協会のメンバーの多くが「オホーツク北見塩やきそば」の提供店でもあることから、今年のメニューには塩やきそばもお目見えしました。ほかに野菜スープにサラダ、ハンバーグ、デザートの計5品目です。



朝9時からの作業、「みんなの喜ぶ顔を見るのが楽しみ」と同協会メンバーの皆さんも自然と顔がほころびます。



腕によりをかけ、心をこめて作った料理の数は120名分。



みなさん、大変お疲れ様でした。

| 未分類 | 22:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第54回北見ぼんちまつり


7月20日(金)~21日(日)、北見の夏の一大イベント「第54回北見ぼんちまつり」が開催されます。


中心街を練り歩く「舞踊パレード」や「屯田大綱引」、「こどもサンバカーニバル」などのイベントのほか、常呂川の河川敷において名物「納涼花火大会」が行われます。詳しい日程などはこちらをご覧ください


また、ぼんちまつりの協賛事業である“ビア&カフェ ぼんち村”が、祭り開催に先駆け7月13日(金)~22日(日)中央公園において開催されされます。例年、露天では地ビールに加え、北見名物の焼き肉と海産物のセットなど豊富な地元の味覚が楽しめます。


「オホーツク北見塩やきそば」もこの“ビア&カフェ ぼんち村”に出店します。期間はぼんち祭りの開催に合わせた7月20日(金)~21日(日)、食数には限りがありますので、売り切れの際にはご容赦ください。また曜日によって出店時間が異なりますので、日程をご確認ください



会場はこちらです

| 未分類 | 20:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブログレポート4 ホテルパコJr北見 レストラン 北美月(きたみづき)


「オホーツク北見塩やきそば」提供店をご紹介するブログレポート。
4件目は「ホテルパコJr北見 レストラン 北美月(きたみづき)」です。


北見はオホーツク地域最大の中核都市、産業・経済の拠点として発展してきました。このため北見を訪れる方たちの多くは、観光客よりもむしろ出張のビジネスマンが多いといわれています。市の中心部には多くのビジネスホテルが立ち並び、JR北見駅周辺は以前とは大きく趣が変わってきました。
今回ご紹介するホテルパコJr北見も駅前に最近(といっても5年ほどになりますか)立てられた、道内10店舗あるホテルパコグループのチェーン店です。


「オホーツク北見やきそば」は、提供店23店のうち4店がホテル内のレストラン。普通、ホテルのレストランといえばなんとなく敷居が高いように感じる方もいるかもしれませんが、どの店も観光や出張で来られた方はもちろん、昼時には地元のOLやサラリーマンの方たちなどにも利用されています。手軽な価格帯のメニュー構成が地元客の人気と料理の質のよさを維持しているように思います。


ホテルパコJr北見の2Fにあるレストラン「北美月(きたみづき)」は平成18年の9月に店内を改装し、メニュー構成も地元の食材を多く取り入れたものに変わりました。明るい内装の店内にはテーブル席と小上がり、カウンター席があり、一人でも数名での利用にも問題なし(55席)。ランチタイムのセットメニューにはサラダバーが用意されるなど、栄養面で偏りがちな外食メニューにも心遣いが感じられます。

さて、肝心のオホーツク北見塩やきそばですが、
こちらのレストランは6月に新たに提供店として加わったため、既にメニュー提供されているお店をいくつも食べ歩き、独自の味付けを研究したというだけあって、シンプルな中にもバランスの取れた味わいを信条としています。地元の野菜はもちろんのこと、ホタテは稚貝を使っています。上に盛られた白髪ネギが大きな特徴で、コクのある味付けの割には最後まで飽きずに食べられます。また嬉しいのはコーヒーとサラダが一緒についてくる点と、「魔法の水」は小さなポットに入って添えられており、お好みで塩分や風味の調整が出来ます。



国道39号線沿い、JR北見駅から徒歩3分。新しくなった北見信金本店側を東に進みますとすぐにあります。
駐車場はホテルの真横と、裏手の通りをはさんで向い側に広い専用駐車場もあります(30台)。ホテル側面の入り口から入ればすぐにエレベーターがあり、レストランは2Fです。


値段 880円
場所 北見市大通東2丁目
電話 0157-23-8512
営業 ランチ AM11:30~PM2:00、夕食 PM6:00~PM9:30(ラストオーダーPM9:00)(日曜定休日)



次回はまたいつか。お楽しみに。

| 未分類 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。