オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。


2007年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年01月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

年末年始営業のお知らせ

今年も残すところあと5日となりました。
新しい年を迎える準備でこれから忙しくなりますね。


さて、オホーツク北見塩やきそば提供店の年末年始の営業予定につきまして、下記の通りお知らせいたします。



【年末年始休業日


・ニュー三四郎
 12月30日(日)~1月1日(火)


・かつとカレーの店 秀(Shu)
 12月31日(月)PM5:00まで営業
  1月 1日(火)全休
  1月 2日(水)PM6:00まで営業


・オホーツク趣好料理 炉談
 12月29日(土)~1月2日(水)


・ひこうせん
  12月31日(月)PM5:00まで営業
  1月 1日(火)全休


・居酒屋あらた
 12月31日(月)~1月1日(火)


・光の雫
 12月30日(日)~1月1日(火)


・中国家郷屋台 笑安記
 12月29日(土)~1月3日(木)


・ホテルベルクラシック北見
 12月30日(日)~1月3日(木)


・ほた姫本舗
 12月30日(日)~1月1日(火)


・レストランカルネ
 12月26日(水)


・ファミリーレストランエフ
 12月31日(月)PM3:00まで営業
  1月 1日(火)全休
  1月 2日(水)PM3:00まで営業


・焼肉亭
 12月31日(月)~1月2日(水)


・レストハウスところ
 12月29日(土)~1月3日(木)


・瀋陽飯店
 12月31日(月)~1月3日(木)


・ホテルパコJr北見
 12月30日(日)~1月3日(木)


・オホーツクビアファクトリー
 12月30日(日)~1月1日(火)


・居食酒屋 團欒(だんらん)
 12月31日(月)~1月2日(水)


・ホテル黒部レストラン シェルブルー
  1月 1日(火)~1月2日(水)


他の提供店につきましては、情報を得次第お知らせいたします。


※提供店の住所、営業時間等はホームページをご参照ください。

スポンサーサイト

| 未分類 | 13:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

道新 「回顧2007~取材メモから」No.12



北海道新聞朝刊 オホーツク版に掲載されている年末恒例のコーナー、


「回顧2007~取材メモから」のシリーズNo.12でオホーツク北見塩やきそばが掲載されました。


2007年の一年間、オホーツクの色々な出来事を振り返る企画です。


記事ではオホーツク北見塩やきそばのデビューまでの経過と、メニュー提供開始から今日までの取り組みを紹介しています。


特にこのオホーツク北見塩やきそばのきっかけを作ってくださった、北海道じゃらんの中田編集長のコメントも紹介されており、


「メニュー実現に向けた関係者のチームワーク」を評価、


また推進協議会の梶井会長も「ご当地グルメ作りの熱意の結実」と振り返りました。


この一年間、北見にはいろいろなことがありましたね。


北見に元気をもたらす明るい話題づくりを、これからも意識して取り組みたいと思います。

| 未分類 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「北海道じゃらん」'08新年号




12月20日発売の(株)リクルート北海道じゃらん
発行の「北海道じゃらん」'08新年号でオホーツク北見塩やきそばが紹介されました。


以前お伝えした(財)北海道環境財団主催の「北海道を元気に!温暖化防止 一村一品応援プロジェクト」とタイアップした企画「シーオーツー削減のために今日から出来ること」のコーナーで、富良野オムカレーとともに「フードマイレージの短縮」になる地産地消の取り組み例として紹介されています。


私達オホーツク北見塩やきそばも優良事例に選出された温暖化防止プロジェクトでは、このほかに沼田町の『雪冷熱エネルギーの活用によるブランド米や日本酒の商品化事例(最優秀事例)や、伊達市の『木質ペレット暖房の活用による冬期間のビニールハウス暖房と農林業振興の取り組み(優良事例)など、計11の事例が最優秀・優良事例に選出されています。今回そのすべてがじゃらん北海道で紹介されました。



地球温暖化防止の取り組みは地産地消だけではなく、エネルギーの有効活用や廃棄物の利用・削減など色々あるんですね。



それから今回の「北海道じゃらん」では、「北海道5大麺のスペシャルな20杯!」と題し、道内の麺料理の達人による、ラーメン、そば、うどん、パスタ、やきそばの創作新メニューが各4品ずつ紹介されています。各メニュー期間限定(12/20~1/31)で販売されるそうですよ。


やきそばといえば!と思い読んでいきますと、オホーツク北見塩やきそばの提供店である「中国家郷屋台 笑安記(しょうあんき)」さんが出ておりました。


メニューの名は「野付牛入り炒め和えそば」。塩やきそばの麺と北見産の牛肉(野付牛)使っています。


価格は980円だそうです。美味しそうでした。食べてみよう。



味のほうは上海風かな?



「北海道じゃらん」'08新年号
発行:(株)リクルート北海道じゃらん
http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/
定価:380円

| 未分類 | 23:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きたみ素描(デッサン) 「応援しよう! 北斗高校がんばれ!」



北見北斗高校のグラウンドです。グラウンドには雪が積もってますが、たくさんの足跡が。


クラブ活動にとっては関係無しですね。雪の中を走るのは余計に体力を使いますから鍛えられますねー。


高校時代を思い出すなー(ちなみに私は柏陽のサッカー部でした)。


北見北斗高校ラグビー部が、2年ぶり35回目の花園出場(第87回全国高校ラグビー大会 :北北海道代表)を決めました。地区大会決勝戦の動画も見られます。主将インタビューも。


先日は東京合宿に向け出発式の様子がマスコミでも報じられていましたね。ホームページにはブログもあり、合宿の様子が毎日更新されています。


初戦は12/28(金)、高知県の土佐塾との対戦です。


みんなで応援しましょう!

| 未分類 | 02:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きたみ素描(デッサン) 「ようやく冬らしく」



北海道は冬型の気圧配置が次第に強まり、ここ数日は全道的に雪が降り、道内各地で吹雪のニュースが出始めました。新千歳空港の一時閉鎖による空の便の遅れなど、道央方面では冬の天候が各地に影響を及ぼしているようです。札幌市はそれでも雪不足なんだそうで、スキー場のオープンは年明けになる見込みだそうです。


オホーツク海側では、網走では今日も結構な量の雪が降っており除雪車も出ていたようですが、北見はといいますと、14日と昨日に数センチの降雪があった程度で、たいしたことはありません。



それでも気温はご覧の通り、マイナス8℃(北見信金本社ビル横:17日午前零時)です。


12月は何かと時間に追われ、車での移動にも焦りが出るときです。


北海道警察によれば、交通事故死者数が13日(木)、昨年の数にならび277人になったそうです。


路面状況に合わせくれぐれも安全運転を心がけましょう。

| 未分類 | 22:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きたみ素描(デッサン) 「まちづくり北見大通ビル プレオープン」




今年の10月31日をもって閉店した「きたみ東急百貨店」が入居していたビルが、1ヶ月あまりの準備期間を経て「まちづくり北見大通ビル
」と名称を変え、12月8日(土)に商業施設としてプレオープンしました。


現在は地下1階(生鮮食品・道産品)、1階(婦人服・雑貨・化粧品)、6階(飲食店・映画館)など30店が営業しています。


一時閉店していたオホーツク北見塩やきそば提供店「かつとカレーの店秀(しゅう)」さんもこの日から営業再会です。


ビルを運営する(株)まちづくり北見では、ビルの愛称を募集しているそうです。


北見の駅前の象徴(シンボル)ともいえるこのビルにふさわしい名前を皆で考えませんか?


大きな垂れ幕には「プレオープン中! 私たちは真っ白からスタートします。」と書かれています。
文字通り真っ白な外観のこのビルは、新たな歴史をスタートさせたばかりです。
北見の未来を私達の手でどのように描いていくのか、皆で考える機会です。


まずは良い名前をつけてあげましょう。


グランドオープンは3月を予定しています。


まちづくり大通りビル → http://www.matizukuri.co.jp/
場所 :北見市大通2丁目1番地(まちづくり北見大通ビル)
営業 :午前10時~午後7時
定休日:火曜日

| 未分類 | 23:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

『コープさっぽろ』のおいしいを開発するブログ「Deli.Boo-log」



今日は「北見風塩やきそば」を発売された『コープさっぽろ』のおいしいを開発するブログ「Deli.Boo-log
」をご紹介させていただきます。


生活協同組合『コープさっぽろ』のホームページを見ますと、「ブログ@コープ」というページがあり、その中に14ものブログがリンクされています。これらはすべてコープの「宅配システム」や「イベント」「鮮魚」「精肉」「お酒」「ギフト」など色々な事業ごとに設けられており、ほとんどのブログが毎日更新されています。各事業部の担当の方が書いているらしのですが、宣伝だけなのかと思ったらそうではなく、書き方も一律ではないので、どのブログもとても面白く読むことが出来ます。個人的にスキ♪なのは「サケタローブログ、お酒を選ぶときの参考になります。


今回の「北見風塩やきそば」発売に関する打ち合わせでデリカ事業部の方が来てくださったときに、ブログがあるということを教えていただいてからというもの、このブログを見るのが趣味のようになっています。中でも私の仕事柄か特にデリカ事業部のブログ「Deli.Boo-log」を毎日見るようにしています。「おいしいを開発するブログ」という趣旨のとおり、『コープさっぽろ』のお弁当やお惣菜に関することが書かれているのですが、これはすごく面白いですよ。私達が日ごろ食べている商品の、企画から店頭に並ぶまでの過程がとても分かりやすく書かれています。ブログを読み進めていくと道内の色々な美味しい料理や原材料のリサーチ、他社の同一商品との比較検討や開発会議(食べ比べ?)の様子、店舗のバックヤードの作業風景など、もうとにかく読んでいるだけでもおなかがいっぱいになります。


『コープさっぽろ』のお弁当の開発はデリカ事業部の方がやっているのですが、実はそれだけではなく全道の店舗の従業員の方たちも参加しているようです。「OBENPIC(お弁ピック)」という内部行事がそれで、札幌、苫小牧、旭川、北見、釧路、函館など各地区で先ず予選が開かれ、それを勝ち上がったお弁当が本戦に進みます。今年5月の第6回お弁ピックは参加156食中予選突破が37食、さらに道外のコープ(ユーコープ事業連合:関東のほう)も参戦しての激戦となりました。その戦いを制したのは、なんとユーコープ事業連合(お姫弁当)。お弁ピックの本家である『コープさっぽろ』が敗退するというまさかの結果に。ちなみにこのときの2位は遠軽のプラザ店から出展のお弁当(ランチの王様)でした。
「今度こそユーコープさんを返り討ちに」をスローガンに、道内各店舗の方たちのその後の奮闘の様子が目に浮かびます。そして11月14日、第7回お弁ピックが旭川で開催されました。道内の予選出場数は190に増え、さらに前回の覇者ユーコープ事業連合と初参戦のみやぎ生協三つ巴の争いを制したのは・・・?〔こちら


このお弁ピックの上位になった商品は、全道のコープで考案者の写真入のポップ表示と共に販売されるそうです。商品開発には多くの苦労が伴っていることと思いますが、こういう過程が見られると親しみがわきますね。そして食べてみたいと思いますよね。


うわさに聞く「あの商品ってどういうものだろう」、関心を持っていただいたときにキチンとそれに答えられることが大事です。この前食べた「あのお弁当美味しかったけどなぜだろう」、そう思ったときにその理由が分かるようにしておかなければなりません。情報発信だけではないブログの活用法はとても参考になります。

| 未分類 | 01:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コープさっぽろ 「北見風塩やきそば」



ついに出ました、生活協同組合『コープさっぽろ』のご当地メニュー企画「北海道旨物発掘(うまいものはっくつ)」シリーズに「北見風塩やきそば」が加わりました。
全道のコープさっぽろ(一部地域を除く)で、本日12月12日(水)より発売開始
となります。


2007年3月の道内生協の事業統合により、全道のコープが『コープさっぽろ』の名称で統一されました。全道規模になったことにより、道内のどの地域でも同じサービスが提供されるようになっています。この「旨物発掘シリーズ」では既に、「帯広豚丼」「根室エスカロップ」「芦別ガタタン」「美唄風とりめし」など道内各地の名物料理が商品化されており、もちろん北見の「コープ」でもこれらのメニューを購入することが出来ます。そして北海道にとどまらず、例えば石川県金沢市の郷土料理である「金沢ハントンライス」など、道外のメニューも取り入れています。もしかすると逆もまたありえるのかなと期待してしまいますね。本州で北見風塩やきそばが発売されるなんてことになったら、すごいですよね。


最近では市内のスーパー、コンビニなどでも「塩やきそば」のメニューを多く見かけるようになりました。私もすべてを食べたわけではありませんが、どれも美味しいものばかりです。「塩やきそば」もだいぶ広まったなぁと、嬉しく思う反面、地元の産物を少しでも使ってもらえればなお良いのにと思っています。


コープさっぽろはこの商品企画を進めるに当たり、わざわざ当推進協議会のほうにご連絡を下さり、11月下旬にはデリカ部門の担当者様が来てくださいました。そのときの様子はコープさっぽろのデリカ部門のブログ「Deli.Boo-log」で紹介されていますが、企画の趣旨や取り組まれてきた経過をお伺しているうちにこれまでの“塩やきそば”とは少し違うというということが良く分かりました。このブログのご紹介はまた明日・・・・。



さて、この商品に関しては、オホーツク北見塩やきそばの独自のルール・定義が十分に満たされていないということで、正式な名称を使用していただくことにはなりませんでしたが、「北見産の玉ねぎとじゃがいも」を使っています。北見の産物、そして北見を広くPRしてくださるのですから、ぜひ北見の名前を使っていただきたいということで「北見風塩やきそば」の名称で発売していただくことになりました。



発売よりも一足先に味見をさせていただきました。基本的な風味はとても良く再現されています。私達が慣れ親しんでいる味に非常に近いものです。具材も北見産の玉ねぎとじゃがいもが非常に歯ごたえ良く、にんじん、ニンニクの芽、糸十唐辛子が彩りと味のアクセントになっています。そして大粒のホタテが2個も入っています。お店に食べに行く時間がどうしてもないときに、受験勉強の最中に、北見に行く前にちょっと食べてみようかというときに、小さな子供を連れて食堂に行くのが難しいという方など、とにかく食べてみてください。美味しいですよ。



コープきよみ店


北見地区のコープさっぽろ店舗は市内3店舗(きたみ店みわ店きよみ店)、網走市(あばしり店)、美幌町(びほろ店)、遠軽町(プラザ店遠軽みなみ店)の全部で7店舗あります。今日はきよみ店にお邪魔し店頭に並べられている様子を撮影させていただきました(副店長さま、佐藤SVさまお忙しい中ありがとうございました)。



私も良く通うデリカコーナー



たくさん売れますようにと願いをこめて
特別にラベルを貼ってみていただきました


この北見風塩やきそばは全道のコープさっぽろ(一部地域を除く)で、本日12月12日(水)より発売開始となります。そして北見地区の店舗では今後1週間は販売される見込みです。その後は全道の生協も含めたデリカ事業の企画スケジュールによって販売日が変わりますので店頭でご確認ください。


続きはまた明日。

| 未分類 | 23:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「おとなのいい旅 北海道」'07冬号



11月22日発売の(株)リクルート北海道じゃらん
発行の「おとなのいい旅北海道」冬号でオホーツク北見塩やきそばが紹介されました。


おとなのいい旅北海道は年4回発行の季刊誌で、北海道の四季に応じた旅行の提案を行なっています。誌面では伝えきれない情報やタイムリーな話題は、WEBサイトや付録のDVDで紹介されており、880円と少し高価ですが情報の質は十分です。
WEBサイトのほうはブログ形式
で、本誌の編集スタッフの方たちによって毎日情報掲載されています。大変面白いのでぜひご覧になってみてください。そしてDVDは映像集ということで、観光地やイベントなどの動く映像が見られます。製作は同誌がプロデュースする人気番組「旅コミ北海道じゃらんdeGO!(TVH)」のスタッフによるもので、以前この番組でオホーツク北見塩やきそばも紹介していただきました。その節は大変お世話になりました。皆さん元気ですかー。


今回は冬の特集ということで、「冬こそ道東へ。」のメインタイトルの通り、道東の十勝や知床、網走、北見の氷をテーマにした色々な楽しみを巻頭から10ページにわたり特集しています。旅行の計画を立てるときにはぜひ利用して頂きたいと思います。



そして今年道内各地で登場した「ニセコ羊蹄コロッケ定食」、「白老バーガー&ベーグル」、「オホーツク紋別ホワイトカレー」、「日本海えびタコ餃子」、「オホーツク北見塩やきそば」など5つのご当地グルメを紹介。



オホーツク北見塩やきそばのページには、ホテル黒部 シェルブルー、中国家郷屋台 笑安記、レストハウスところ、レスト&カフェ カルネ、オホーツクビアファクトリーの5つの提供店が焼きそばの画像と共に紹介されました。



おとなのいい旅 北海道
発行:(株)リクルート北海道じゃらん
定価:880円

| 未分類 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きたみ素描(デッサン) 「今日からはじめます」


道北 上川地方では積雪深が1メートルを超えた地域があるようですが、北見はご覧の通りぜんぜん雪がなく、降っても数センチといったところです。まだ一度もスコップを使ってませんよね。
それでも朝晩の冷え込みは次第に厳しくなっており、車のフロントガラスには霜がつくようになってきました。出勤前は時間に余裕を持って安全運転を心がけましょう。


北見の除雪に関する情報はこちらで。
「北見市都市建設部 道路管理課 北見の冬みち」
http://www.city.kitami.lg.jp/doro/fuyumititop.htm


12月に入り、一年を振り返る時期になりましたね、新聞などメディアで「今年の10大ニュース」なんて記事をよく見るようになりました。そのうちオホーツク北見塩やきそばでもやってみましょうか。色々ありましたからね・・・。



今日、北海道新聞社様の取材があり、日曜版のデジタルナビのコーナーにこのブログのことが紹介されるようです(たぶん年が明けてからの誌面掲載になると思います)。その取材のときに宣言してしまったのがこの「きたみ素描(デッサン)」。北見の日常的な出来事、四季折々の風景や様子をお伝えしていこうというものです。やきそば以外の情報も載せていきますのでよろしくおねがいします。



※「素描(デッサン)」のネーミングは津別町の地域情報メールマガジン「週間@つべつ」の「津別素描」から頂いたものです。オオヤネ編集長に敬意を表し、下記サイトをご紹介させていただきます。
オホーツク圏の総合情報サイト「webnews」
http://www.webnews.gr.jp/
「webnews週間@つべつ」
http://www.webnews.gr.jp/today/tubetu/tubetu_index.html
津別町の地域情報メールマガジン「週間@つべつ」登録ページ
http://blog.mag2.com/m/log/0000229348/

| 未分類 | 00:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。