オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。


2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

テレビ放映のお知らせ 「Hana*テレビ」

HBC(北海道放送)の午後の情報番組「Hana*テレビ」で、オホーツク北見塩やきそばが紹介されるそうです。


オホーツク北見塩やきそばのお取り寄せセット「北味のグルメセット」をお送りしてあるので、おそらくスタジオで食べていただけるのではないかと期待しています。


そのほかにも道内の新・ご当地グルメが色々と紹介されるようです。


放送は9月2日(火)


時間は17時10分ころの予定です。


 

スポンサーサイト

| 未分類 | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

じゃらんnetで北海道 誕生号 秋・冬編 2008~2009年度版



いつも大変お世話になっている、リクルート北海道じゃらんから、この秋新しい情報誌が発行されました。


「北海道の旅行&出張計画を立てる時に使う本」ということで、主に個人で旅行計画を立てる方には大変便利なガイドブックです。


国内最大級の宿・ホテル予約サイト「じゃらんnet」を利用する方には必見の口コミ高評価の宿の紹介、道内各地のグルメ・イベント・観光スポット情報、お得で賢い交通機関の利用法、便利サイトやお土産など、使える情報がこの一冊にまとめられています。


 



行き先が決まればチェックしておきたいのはグルメ情報。


オホーツク北見塩やきそばや富良野オムカレーなど、これまでじゃらん北海道がプロデュースした新・ご当地グルメはもちろん、石狩鍋やジンギスカンなどの伝統グルメや帯広豚丼や室蘭やきとりなど自然定着型のご当地グルメ、さらにラーメン、スイーツ、スープカレーなど食の宝庫北海道が誇る各地の美味しいグルメも満載です。


 



もちろん、オホーツク三大新ご当地グルメも載っています。



東京都・神奈川県・埼玉県・愛知県・大阪府・兵庫県の書店およびコンビニ(ローソン・セブンイレブン・ファミリーマート)。
北海道では8/28より書店・コンビニエンスストア(ローソン・セブンイレブン・ファミリーマート・サンクス・セイコーマート)で販売しています。



じゃらんnetで北海道 誕生号 秋・冬編 2008~2009年度版
発行:(株)リクルート北海道じゃらん
http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/
定価:480円


次号「じゃらんnetで北海道 2009年春・夏編」は2009年3月発売予定です。



 

| 未分類 | 21:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「わが村は美しく-北海道」運動 第4回コンクール 全道表彰審査委員 現地調査



北海道開発局主催の「わが村は美しく-北海道」運動 コンクールの全道表彰審査委員による現地調査が行なわれ、オホーツク北見塩やきそば推進協議会から梶井会長と私(拔山)が参加し、取り組みの説明を行なってきました。


会場はオホーツクビアファクトリー、委員の皆さんはオホーツク北見塩やきそばを食べてから審査を行なってくださいました。


※「わが村は美しく-北海道」運動とは、道内の各地で地域の魅力と活力を高めようとする住民の努力と行動に光をあて、全国に伝えるとともに、そうした活動を支援し、波及させていくことによって、農山漁村の新たな発展を目指すことを目的としています。
平成13年度からこの運動を展開し、その翌年から隔年でコンクールを開催しています。


このコンクールには、「景観部門」、「地域特産物部門」、「人の交流部門」があり、現地調査などを行った後に受賞団体を決定し、平成21年1月に表彰式を予定しています。これまで3回行なわれたコンクールでは、全道139市町村から延べ444団体の応募があり65団体が表彰されています。
 →
http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_nogyo/wagamura/contest/index.html



オホーツク北見塩やきそば推進協議会が応募した「地域特産物部門」には、今年度83件の応募があり、全道審査には10団体が選ばれています。


現地調査では、私たちからまずオホーツク北見塩やきそばの取り組みの概要、メニュー開発の経緯と今日までの状況の説明を行ない、委員の皆さんからは「ビジネスの成り立ちや仕組み」、「推進協議会の運営状況」、「地域や産業とのかかわり」、「持続性と発展性」その他大変多くの質問を受けました。
また、今後に向けてのご提案もたくさん頂くことができました。


自分達の取り組みを振り返る大変よい機会となり、そして名物として定着するための多くのヒントを得ることができたと思います。


北海道開発局
http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_nogyo/wagamura/index.html
NPO法人 わが村は美しく
http://www.wagamura-net.jp
オホーツク21世紀を考える会
http://www.ok21.or.jp
 

| 未分類 | 23:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北見スイーツプロジェクト 第3回開発部会



北見市内のお菓子屋さんたちによる、「北見スイーツプロジェクト」の商品開発を担う開発部会の会議が本日、私の勤務しております道立オホーツク圏地域食品加工技術センターで行なわれました。


北見市(留辺蘂:るべしべ)特産の白花豆を使った新しいお菓子を作り出すこのプロジェクトには、現在市内の製菓業者16社が参加しており、11月初旬に行なわれる「北見菓子まつり」でのデビューを目指しています。


三回目となる今日の会議には、製菓業者12社から13品の試作品が出品され、和菓子、洋菓子、洋生菓子など各社が得意とするお菓子の分野で白花豆を生かした製品が披露されました。


このプロジェクトに関してはこのブログでもこれまで2度、話題掲載しておりますが、回を重ねるごとにメンバーの数も増え、また関心も高まっているようです。


そこで今回はマスコミ各社の方や、このプロジェクトの上部組織である「北見市地場産品高付加価値化推進委員会」の会長はじめ主要な委員の方たちをお招きし、開発の進捗状況の報告も兼ねて行なわれました。


開発を行うわけですから、この会議には職人さんたちが集まっています。
つまり日ごろはライバルでもある方たちが、素材の話、技術の話などお互いに情報交換しながら進めています。
地元の人間ならみな知っているお菓子屋さんが一堂に会すという、なかなか見れぬ光景。
私は「これはスゴイことだ」と、関係者としての立場を忘れ、ただひたすら感動。


 



各社持ち寄った試作品の説明と、試食評価。
10数品目のお菓子を食べるのは結構大変ですが、和菓子は洋菓子の、また洋菓子は和菓子の色々と参考になることがあるようです。


もう今すぐに商品にできるのではないかと思うほど完成度の高いものから、単純な素材の組み合わせの見本などさまざまです。


 



専門的な用語も出てきます。
白花豆とバターやフルーツなど他の素材との相性であったり、各自がこの豆を使ってみた感想など、コメントはやはり職人らしいもの。
開発のプロセスが良く分かり、みなさんが真剣に取り組んでいることを改めて知りました。


 



関係者も含めた、アンケートも行なわれました。
これだけの関連商品が並ぶ中での客観的な評価はとても重要です。


今後、この会議は11月のデビューまで数回行なわれます。
またこれと連動して「北見スイーツ」にふさわしいパッケージデザインやネーミング、ブランドとして統一感を持たせるためのコーディネートなど、各社の商品として店頭に並べるための準備が行なわれます。


試作品の画像はまだお見せできませんが、ご期待ください。


なお本日、新聞社等各社、NHKの取材がありましたので地方版等で今日の様子が報じられると思います。

| 未分類 | 20:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あばしり七福神まつり


網走のイベントのお知らせです。
9月6日(土)と7日(日)の2日間、網走市の中心商店街「APT4(アプト4)」で、『あばしり七福神まつり』が行なわれ、オホーツク北見塩やきそばが出店します。


このイベントは今年で15回目の開催となり、APT4を歩行者天国にして地域の特産品や全国各地の物産と味覚の実演販売が行なわれます。


【あばしり七福神まつり】
・場 所 APT4
・期 間 平成20年9月6日(土)~7日(日)
・問い合わせ 網走中央商店街振興組合
・電 話 0152-44-5546


日曜日には私もお手伝いに行きます。


お近くの方はぜひお越しください。


| 未分類 | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日本橋三越本店「第14回 北海道展」

物産展催事のシーズンです。
9月からは管内や札幌、東京の催事でオホーツク北見塩やきそばが食べられます。


昨年に引き続き、今年も居食酒屋 團欒(だんらん)が三越に出店します。今回は日本橋三越本店です。


日時:平成20年9月9日(火)~15日(月)
   午前10時~午後8時まで営業
   日曜・祝日は午後7時30分まで。
   最終日は午後7時閉場


場所:日本橋三越本店 本館7階 催物会場


   東京都中央区日本橋室町1-4-1


皆様のご来場をお待ちしています。


| 未分類 | 23:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北見青年会議所 「ディスカッション in 端野」



9月19日(金)北見市端野公民館において、(社)北見青年会議所主催による9月例会の特別企画「ディスカッション in 端野」が行なわれ、パネルディスカッションのパネリストとして私(拔山)が参加します。


テーマは、
「すべての市民、心はひとつ!!
     明るい豊かな地域(まち)づくり」


内容は、各方面でそれぞれ活躍する人の話を聞き、「まちづくりに参加」する機運を高めようというものです。



【パネリスト】


拔山 嘉友(ぬきやま よしとも)
 ~名産品からのまちづくりについて学ぶ
北海道立オホーツク圏地域食品加工技術センター 研究員
オホーツク北見塩やきそば推進協議会 委員


古田 亜由美(ふるた あゆみ)氏
 ~観光地としてのまちづくりについて学ぶ
エフゾーン株式会社 常務取締役
温根湯温泉街再生整備検討委員会 委員


小笠原 歩(おがさわら あゆみ)氏
 ~スポーツを通じてのまちづくりについて学ぶ
社団法人 日本カーリング協会 元強化指定選手
2002年2006年冬季オリンピック 女子カーリング競技出場


北川 正美(きたがわ まさみ)氏
 ~イベント・お祭りなどによるまちづくりについて学ぶ
端野町自営農家
たんのカレーライスマラソン実行委員会 委員長


森本 典雄(もりもと のりお)氏
 ~市民が一番心配している医療問題について学ぶ
治恵会 北見中央病院 院長
社団法人 北見医師会 理事


長野 耕佑(ながの こうすけ)君《北見工大 現役学生》
 ~若者の観点からのまちづくり発想などを学ぶ
北見工業大学 工学部土木開発工学科2年生


以上、6名がパネリストとして参加します。
私はパネルディスカッションというものに参加するのは初めてで、今から大変緊張しております。そして、同じくオホーツク北見塩やきそば提供店のエフゾーンの古田さんも参加します。


このパネルディスカッションは青年会議所の例会の一部として行なわれますが、一般の方の参加ももちろん可能です。市内各所にてポスター掲示されておりますので、そちらもぜひご覧ください。


日時:平成20年9月19日(金) 19時~21時(開場18時40分)
会場:北見市端野公民館 多目的ホール(北見市端野町二区471番地11)
主催:社団法人 北見青年会議所(地域力開発委員会9月第2例会)
お問合せ:0157-24-2762



| 未分類 | 23:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「北海道じゃらん」9月号 特集「さっぽろオータムフェスト2008」



8月20日発売の(株)リクルート北海道じゃらん発行の「北海道じゃらん」9月号の特集は、
9月19日(金)~10月5日(日)の17日間、札幌市の大通公園を舞台に開催される秋の大イベント「さっぽろオータムフェスト2008」。オホーツク北見塩やきそばも出店します。


 



このイベントは大通公園5丁目から8丁目を会場に行なわれますが、私たちオホーツク北見塩やきそば出店するのは5丁目会場。北海道じゃらんプロデュースによる「北海道の新・ご当地グルメ&ラーメン祭り」です。期間中11の新・ご当地グルメが大集合します。


【第1期(9/19~9/23):5日間】
 ・富良野オムカレー
 ・美瑛カレーうどん
 ・十勝芽室コーン炒飯
 ・オホーツク網走ザンギ丼
 ・オホーツク北見塩やきそば


【第2期(9/24~9/29):6日間】
 ・ニセコ羊蹄コロッケ定食
 ・別海ジャンボホタテバーガー
 ・オホーツク紋別ホワイトカレー
 ・日本海えびタコ餃子
 ・オホーツク北見塩やきそば


【第3期(9/30~10/5):6日間】
 ・深川そばめし
 ・美瑛カレーうどん
 ・なんぷエゾカツカレー
 ・日本海えびタコ餃子
 ・オホーツク北見塩やきそば


各期5つのブースが出店します。
オホーツク北見塩やきそばは3期連続!
いつでも食べられますよ!!


 



イベント用のオホーツク北見塩やきそばもただいま開発中。
先日も推進協議会があり、出店の打ち合わせを行ないました。
私(拔山)も、10日間ほど行くことになりそうです。皆さんと交流できるよい機会。とても楽しみです。



各メニューの詳細は北海道じゃらん9月号をご覧ください。


「北海道じゃらん」9月号
発行:(株)リクルート北海道じゃらん
http://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/
定価:380円


 

| 未分類 | 09:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

テレビ放映のお知らせ 「大人の自由時間」


本日(8/20:水)、19時からのBS11「大人の自由時間 水曜版(司会:なぎら健壱)」にてオホーツク北見塩やきそば 北味のグルメセットが紹介されます。


BSデジタルハイビジョン放送を見ることが出来る方は、ぜひご覧ください。



『大人の自由時間』
月~金曜それぞれ日替わりの司会者が(月:西川のりお、火:阿川佐和子、水:なぎら健壱、木:柳家喬太郎、金:週替わり)それぞれの価値観:人生観に基づき、様々なテーマを様々なゲストを招いてトークを展開する大人向けトークエンターテイメント番組です。



北味のグルメセットが紹介されるのは、
司会のなぎら健壱さんが様々なジャンルについて、調査しうんちくを作り上げていく『なぎぺディア』というコーナー。今回は「やきそば」を取り上げます。

| 未分類 | 10:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コープさっぽろ 弁当割りばし 道産材へ




今朝(19日)の北海道新聞経済面に掲載された記事のご紹介です。


生活協同組合コープさっぽろは10月から、弁当に付けられている割りばしを輸入材から道産間伐材に切り替えるそうです。
道内全店舗で使用される割りばしは年間700万膳、これを道産材に切り替えると年間1千万円のコストアップになるそう。


使用される箸は下川町の下川製箸さんが供給するそうです。


コープさっぽろはこれまでも、「ノーレジ袋運動」、「レジ袋有料化」や「植樹活動」など地球環境保護に役立つ多くの取り組みを行なっています。



道産間伐材の利用拡大を推し進めるということは、豊かな森を育むことになります。


オホーツク北見塩やきそばも道産間伐材を使用した箸を使っています。
提供店によっていは普段使っている箸の5倍ものコストになるそうで、正直厳しいと言う意見がよく出ます。


それでもコープさっぽろの例のように、コストの負担が増えても道内の森作りを支援するという取り組みには共感できますし、「一人ひとりに出来ること」にも繋がっていきます。


 

| 未分類 | 09:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。