オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。


2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「わが村は美しく-北海道」運動 第4回コンクール 銅賞受賞!!



北海道開発局主催の「わが村は美しく-北海道」運動 第4回コンクールの表彰団体が決定し、このほど報道発表が行なわれました。


そして今回のコンクールで、オホーツク北見塩やきそば推進協議会が地域特産物部門において銅賞をいただくことになりました。


オホーツク北見塩やきそば推進協議会メンバー、これまで協議会運営を支えてくださった関係者の皆様、北見市民の皆様に心からお礼申しあげます。



表彰式は年が明けましてから、1月28日(水)に札幌市の京王プラザホテル札幌にて執り行われる予定です。梶井会長と私(拔山)が参加します。


※表彰式・交流会のご案内(PDF形式458KB)
 →
http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_nogyo/wagamura/hyousyou.pdf



「わが村は美しく-北海道」運動の概要等は下記をご参照ください。
オホーツク北見塩やきそばブログ わが村関連記事
 →
http://blog.goo.ne.jp/kitami-shioyakisoba/s/%A4%EF%A4%AC%C2%BC


北海道開発局「わが村は美しく-北海道」運動 第4回コンクールサイト
 →
http://www.hkd.mlit.go.jp/zigyoka/z_nogyo/wagamura/index.html



さて今回のコンクールでは、同じく地域特産物部門において、富良野市の「食のトライアングル(農・商・消)研究会」も銅賞を受賞しました。


富良野オムカレーとオホーツク北見塩やきそば、道内の新・ご当地グルメがこのように評価されたことは大変嬉しいことです。


またカリ~番長に会えますね。表彰式来るのかな?

スポンサーサイト

| 未分類 | 10:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1ヶ月分のかんたん料理レシピフリーペーパー 「クイッキング」 札幌版



1か月分の簡単料理レシピを紹介するフリーペーパー「クイッキング12月号 Vol.61」の札幌版にオホーツク網走ザンギ丼の特集が掲載されました。


 



生鮭を使ったザンギ丼のレシピが掲載されています。


 



この記事の中で、「本物を食べに網走へ行こう ~オホーツク網走ザンギ丼を食べられるお店」の一覧(7店)が紹介されています。


 



そして、ご当地グルメにはやっぱり「北海道米」ですね。


 



この企画は「ご当地グルメを自宅で作ろう!!シリーズ」の第19弾、過去に掲載された記事も「根室さんまロール寿司(第17弾)」、「別海ジャンボホタテバーガー(第18弾)」など道内で続々誕生する新・ご当地グルメが紹介されています。


以前、オホーツク北見塩やきそばも特集していただきました(2007.6月号)。
 →
http://blog.goo.ne.jp/kitami-shioyakisoba/e/4df1c3ec46dcb7a06f2950cf2500c433



この「クイッキング」は毎月25日発行、札幌版は札幌市内・近郊の有名スーパーで無料配布中(55,000部)だそうです。お近くの方はぜひご覧ください。
※配布エリア(北海道・札幌地区)
 → http://www.quicooking.com/area/area_sa.html


「クイッキング」札幌版は、ネットでも見られます。下記ページの右上あたり、「今月号をWEBで読む」の欄、配布店舗一覧のエリア選択で「札幌版」を選択すると見られるようになります。
 →
http://www.quicooking.com/


 


12月号で創刊5周年 ←オメデトウ!!


1ヶ月分のかんたん料理レシピフリーペーパー 「クイッキング(Quicooking)」
 →
http://www.quicooking.com/
 
編集/有限会社 百景広告社
発行・お問合せ/有限会社百景広告社
所在地/〒062-0901 札幌市豊平区豊平1条12丁目1-12 札幌市デジタル創造プラザ 3F
TEL/011-823-8800(代)
FAX/011-823-8838
E-MAIL/
cook@hyakkei-ad.com


 

| 未分類 | 17:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

森守る道産割りばし



今日(12/16)の北海道新聞 第3社会面の記事です。


「森守る道産割りばし」という見出しで、オホーツク北見塩やきそばのルールにもある、道産材の天削げ箸を作っている北見市留辺蘂町の「ホクト製箸」さんの商品が紹介されました。


この商品は札幌の市民団体「北海道子連れプロジェクト」をの共同企画品で、売り上げの5%が札幌市円山動物園のレッサーパンダの繁殖活動に充てられるのだそうです。


なぜレッサーパンダかといいいますと、中国産材を使った割り箸製造によって、レッサーパンダの生息する森林の伐採が進み、生息が減少しているということのようです。


道産の間伐材を使うことは北海道の森を育て、中国の森とレッサーパンダを守る。


道産のトドマツを原料にしたこの箸には、レッサーパンダのイラストがプリントされ、約16センチの長さで一膳(ぜん)84円です。


そして、製造過程から納入までの過程で出されるのと同量の二酸化炭素排出権を、NPO法人北海道グリーンファンドから購入することで、環境保全にも取り組みます。


箸導入の一号店は札幌市新琴似のcafe「自休自足」。


この取り組みが広まるといいですね。


 


わりばし屋さんのホームページ -「色彩箸」のホクト製箸です!
 →
http://www.waribashi-hokkaido.com/
防腐剤や漂白剤を使っていません。子供にも安心して使ええますね。


・お問合せ:ホクト製箸 TEL 0157-42-5462



北海道子連れプロジェクト
http://www.hkp.jp/


北海道グリーンファンド(HGF)
http://www.h-greenfund.jp/


札幌市円山動物園
http://www.city.sapporo.jp/zoo/


cafe「自休自足」
http://www.jikyuujisoku.com/

| 未分類 | 14:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きたみ素描(デッサン) 「つるつる路面」



気圧の谷や寒気の影響で道内は昨夜、雪が降りました。


今朝(12日)午前7時の気温はマイナス8.9度、


今朝道内でもっとも気温が低かったのは、置戸町豊住と北見市留辺蘂町大和でマイナス12.4度となり、オホーツク海側を中心に冷え込みました。


朝になると路面はつるつる、市内の道路は渋滞気味です。


北見市内の日中の予想最高気温は0度ですが天候は晴れ。


今日は滑りますよ。


 


 



ようやく冬らしくなりましたね。

| 未分類 | 09:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きたみ素描(デッサン) 「訓子府町南8線」



北見市内の今日(12/9)の最高気温は11.5度(13時)、もう12月ですよ。


小春日和というには時期も遅いし、季節はずれの陽気です。


今日と明日は置戸町で仕事です。


置戸に行く楽しみの一つは、途中のこの景色。


ここは北見~置戸間、訓子府町の南8線から見える風景です。


緩やかにうねる畑と遠くの山並みには四季折々の色合いと表情があり、その移り変わりを楽しむことが出来ます。


 



雪や霜が着いても朝には日に照らされてすぐに解けてしまいます。


太陽が昇る方向に目をやると畑から湯気が上がったようにうっすらと“もや”がかかっています。
(残念ながら写真ではわかりにくいのです)


 



同じく南8線、道立北見農業試験場付近。
北見市上常呂から続いている、長い長い直線道路。
畑の間をはしる道を、ひたすらまっすぐ進み置戸に向かいます。


 

| 未分類 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「農家の友」2008年12月号



農業月刊誌「農家の友」の特集、「新・ご当地グルメで町を元気に」の対談企画が12月号で記事掲載されました。


10月13日に行なわれた座談会の様子はこちら
 → ブログ掲載(10/17)


 



ヒロ中田氏(北海道じゃらん編集長、司会)
渡邉浩二氏(芽室町、十勝芽室コーン炒飯推進協議会事務局長)
川村勝彦氏(南富良野町、なんぷエゾカツカレー推進協議会会長)
松本博史氏(別海町、別海ジャンボグルメ推進協議会事務局長)
拔山嘉友 (北見市、オホーツク北見塩やきそば推進協議会委員)


以上、ヒロ中田編集長をコーディネータに、道内の4つの新・ご当地グルメが集まりました。


各地の新・ご当地グルメ誕生までの経緯や地域に与えた影響、農業との関わり、地域に根ざした食ビジネスの今後について約2時間30分におよぶ熱い座談会となり、記事ではその内容がほとんど記されています。


10ページの大特集です。


 



オホーツク北見塩やきそばは私(拔山)が参加しました。


他の新・ご当地グルメの皆さん、そして生産者や農業関係者の方たちなど「農家の友」をご覧になっている読者の方たちに北見での取り組みを知っていただき、食による地域おこし目指す、多くの方々の参考にしていただければと思っています。


 


※この雑誌「農家の友」は書店では手に入りません。


北見近郊では以下の施設等で閲覧できるようです。


・北見市立中央図書館
  →
http://www.city.kitami.lg.jp/toshokan/toshokan.htm


・訓子府町立図書館


・JA各支所
  温根湯根湯支所、留辺蘂支所、置戸支所、訓子府支所、
  相内支所、上常呂支所、北見支所、端野支所


・JAきたみらい技術センター


 


北海道の農業を元気にする農業総合月刊誌「農家の友」
 →
http://www.noukanotomo.com/


購読に関するお問い合わせ、お申込み。
 → 社団法人 北海道農業改良普及協会
札幌市中央区北3条西7丁目 酪農センタービル6F
Tel:011-251-8031 Fax:011-271-3609


・1冊/790円(税込み)  送料100円 
(購読のお申し込みは、年単位でお申し込み下さい)


・毎月1日発行


※ネットから申し込むことも出来ます。
 →
http://www.noukanotomo.com/bosyu/index.html



※月刊誌「農家の友」
昭和24年8月の創刊以降、新しい農業技術の普及・豊かな農村生活の実現を目的に一度の休刊もなく発行し続けている月刊農業雑誌です。
 現在は、最新の農業技術や国際的な農業情報・農政動向・北海道各地の農業者の先進的な取り組み・ファームイン・女性起業家・個性豊かなサークル活動、新規就農者の紹介、農産物マーケティングなどの多彩な情報を毎月提供し続けています。


 

| 未分類 | 13:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きたみ素描(デッサン) 「冬到来」



今日から12月です。師走の忙しさのなか、体調管理にはくれぐれもご注意ください。


夕べはこの冬初めての吹雪、本格的な冬の到来です。


一夜明けて、済みきった青空のお天気。


北見市大正の畑は真っ白に。


秋播き小麦が芽吹いた畑も来年の春まで雪の下です。


 



今年の10月7日に開通した西8号アンダーパス。
JR石北本線と大正通(西8号線)を立体交差するこのアンダーパスは平成17年に工事開始。


わたしも毎日の通勤でこの道を通るので、開通してとても便利になりました。JR西北見駅のすぐ隣の踏み切りということで、列車が駅に停車しているあいだは結構長く遮断機が下りていましたからね。


今日から日中の気温が少し高くなります。雪が溶けて夜には再び気温が下がり、路面の凍結が心配です。


北見の除雪に関する情報はこちらで。
「北見市都市建設部 道路管理課 北見の冬みち」
http://www.city.kitami.lg.jp/doro/fuyumititop.htm

| 未分類 | 11:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。