オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。


2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゆうべつ牛を使った料理発表会

今日は審査員です。

北見からは車で約一時間、オホーツク海沿岸のまち湧別(ゆうべつちょう)町のJAさんに呼ばれてやってきました。


110420_gyuu01.jpg

湧別町は農業分野では酪農、畜産が主で、漁業と並び地域を支える重要な産業です。

いまJAでは町内産の牛肉のブランド化を進めようと、ゆうべつ牛の利用法の検討を行っているのです。

そのひとつが「ドライエージングビーフ」。
直訳すると乾燥状態で熟成させた牛肉のことで、専用の冷蔵室内で肉をむき出しのまま数十日間熟成させるというものです。

そうすることによって、生肉が持つ酵素の働きによって熟成が進み、筋肉を構成するたんぱく質が徐々に分解されてアミノ酸やペプチドなどのうま味成分を増すということと、乾燥による水分の蒸発が、牛肉特有の乳臭さなどを低減させる働きがあるのです。

食べてみると、肉のおいしさが一般の牛肉とは一味違うことが分かります。

その良さを味わうためには、肉の味がダイレクトにわかる調理法が良いかもしれません。

前置きが長くなりましたが、きょうはこの牛肉を使った料理を地域の農家のみなさんが作り、試食会をすることになりました。私も一応、肉が専門なので、その評価をさせていただくことになったのです。



110420_gyuu02.jpg

調理の合間に、この牛肉を使った調理法の講習会も行われました。
また私も10分ほどお時間を頂き、地域の食材を使った食による地域振興の例としてオホーツク北見塩やきそばのはなしもさせていただきました。



110420_gyuu03.jpg

講師はこの方、フードプロデューサー 青山則靖さん
UHB午前の人気番組「のりゆきの トークDE北海道」に出演中(金曜日)です。

◆青山則靖さんのブログ
http://supportao.exblog.jp/

◆無料動画【Yahoo! Gyao!/青ちゃんの解決きっちん】
※これはすごくためになります。必見です!
http://gyao.yahoo.co.jp/p/00842/v09789/
簡単で失敗なし! キッチンサポーター青ちゃんがプロの裏ワザをお届けします! 北海道の人気番組「トークDE北海道」から料理コーナーをご紹介!

「お店の味を出したい!」「どうしてうまくできないの?」そんな声に惜しみなく秘密の裏ワザを公開します。このやり方であの味が簡単に手に入る! 青ちゃんのアドバイスですべて解決!


◆のりゆきの トークDE北海道
http://uhb.jp/talk/index.php


110420_gyuu04.jpg

出来上がった牛肉料理は15品ぐらい。
食べるのに夢中で数を数えていませんでしたが、ローストビーフやビーフシチュー、しぐれ煮、炒め煮やドライカレーなどのオーソドックスなものを中心に和洋食様々な料理が出されました。



110420_gyuu05.jpg

一つ一つの味をしっかりと確かめながら評価をしていきます。



110420_gyuu06.jpg

最後は評価。
JA組合長や、肉牛生産団体の代表の方、私と青山先生が講評していきます。

どれも非常においしく、またそれぞれ工夫を凝らしつつも、家庭料理の域を超えないことがとても良い印象でした。特にローストビーフと佃煮系の料理を食べたときに、ゆうべつ牛ブランド化のまず第一歩のヒントがあったように思いました。

詳しくは述べませんが、この肉の可能性の高さは大変興味深いものがあります。
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新・ご当地グルメグランプリ北海道2011 in オホーツク北見 実行委員会 設備部会、イベント部会

7月に開催する「新・ご当地グルメグランプリ北海道2011 in オホーツク北見」の実行委員会は、民間人を中心に委員会を編成しているため、部会制による分業体制で役割を分担しながら作業を行っています。

何しろみんな本業を持っているので分担しなければとても大変です。

たとえば、PR、チケット、ボランティア、シャトルバス等、運営全般の総合対応や財務・会計処理、出展団体や保健所との各種の調整を行う「広報渉外・総務部会」。

会場設備設営、出展ブースの設営等の総合対応、駐車場の設営、誘導等の対応を行う「什器・物品、設備・設営部会」。

開会式、閉会式の対応やステージイベントに係る準備と運営の総合対応、物販・会場内アトラクション行事の運営・管理を行う「イベント部会」。

さらにグランプリを決めるための審査と集計を担当する「審査部」。

以上のように4つの部会制になっています。

それぞれの部会を個別に行いながら、各部会長と役員を集めての役員会議、更に全体の実行委員会会議も行います。

その動きを支えるのが事務局で、現在2名常駐体制、今後4人に増員して事務を担当します。

私はというと、「広報渉外・総務部会」の責任者なのですが、全部会の対応をしていますので、事務局代表みたいなものです。



110415_gpsisatu01.jpg

4月15日(金)は、「什器・物品、設備・設営部会」と「イベント部会」の合同開催。
部会関係者を集めての打ち合わせです。
イベントの規模と内容がある程度出来上がってきたので、会場設備などで大がかりなものから予算を積み上げていきます。

限られた時間と予算の中で、安全かつスムーズにイベントが運営できるように皆で知恵を出し合いながら頑張っております。

今後21日(木)に役員会議を行います。


110415_gpsisatu02.jpg

部会の後は現地調査。
本イベントの会場となるメイン会場の北見市端野町中央公民館横メルヘン広場にみんなで視察に行きました。雪が解けたのでやっと見に来ることができるようになりました。
写真の奥に映っているのは公民館です。その手前のインターロッキングになっているところがメイン会場。



110415_gpsisatu03.jpg

メイン会場を挟んで反対側は広い芝生です。ここにイスやテーブルを設置して飲食スペースに。またステージを組んで各種のアトラクションを行います。



110415_gpsisatu04.jpg

公民館の中も見せていただきました。



110415_gpsisatu05.jpg

多目的ホールは、かなりの人数が入れます。雨が降ったらここを利用します。



110415_gpsisatu06.jpg

広~い和室が二室もあります。



110415_gpsisatu07.jpg

共同調理スペース。会場との行き来が容易なのでかなり便利です。画像には映ってませんが大型のコンロやシンクもあります。



110415_gpsisatu08.jpg

大会事務や審査などが行えるような応接室や会議室もありました。




大きな地図で見る

| 北見GP | 15:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

新・ご当地グルメグランプリ北海道2011 in オホーツク北見 第一回実行委員会を開催

あわただしく毎日目の前の目標に向かって仕事をこなしていると、季節や年度の変わり目を周りの変化で気がつくことが結構あります。新年度に入り、周囲では異動や転勤、退職など大きく環境の変わる方、そして新たに仲間として加わる方もいます。

私の場合は、今の職場がなくなりでもしない限りは、この仕事を続けられそうですし、仕事の内容や部署が変わることもないと思います。その分毎年この時期には寂しい思いをするのですが、年を追うごとになんとなくその数が増えているような気がします。

まあ、自分も転職の経験があり、ひとに寂しい思いをさせるほうの立場や気持ちもわかるので、こういうことはしょうがないと思うのですが、「一期一会」の言葉のとおり、今の縁の大切さを、ひとしお深く身にしみて感じるようになりました。

新たなことに臨まれる、公私ともにお世話になりました皆さん、本当にありがとうございます。良い仕事ができまた貴重な経験を積むことができたことを忘れずに、またお互いに頑張りましょう。



110401_kitamigp02.jpg

今日の本題です。

これまで何度もこのブログでお伝えしている話題です。

「新・ご当地グルメグランプリ北海道2011 in オホーツク北見 第一回実行委員会」を、

4月1日(金)、18時より北見経済センターの会議室で開催いたしました。

今まで小さな打ち合わせを含め、実行委員会設立までの準備会は10回以上も行ってきたと思います。

「これからが本番だ!」というのは当然承知しておりますが、この委員会がどのようなメンバー構成で、またどのような体制で行うかが、イベントの成否を分ける大きな決め手になるのではないかと、皆が相当頑張ったのは言うまでもありません。

準備会を通じ、北見には頼りになる人がこんなにたくさんいるのだということを改めて知りました。これからイベント開催までの道のりが楽しくなりそうだと、そんな感じがしています。



110401_kitamigp03.jpg

さて、第一回目の実行委員会は26の企業・団体が参画、関係者52名が集まる大きな会議になりました。実行委員会の役員の選任と組織体制の承認と合わせ、実施概要の説明を行い特に問題なく会議を終えることができました。

今日は各参画者の代表クラスにお集まりいただいての開催となりましたが、今後は実働的に対応していただくメンバー編成に切り替わり、一緒に汗を流していただきます。

北見の経済界、各種の団体や行政なども含め、市民が一体になってこのイベント成功に向けて頑張ります。

そして出展団体の皆さんが十分な力を発揮できるよう、開催地として万全の態勢でサポートする準備をいたします。


今後の詳細な実行委員会の動きについては、できるだけブログ等でオープンにしながら進めていきたいと考えています。

まだ専用のWEBサイトができていませんが、とりあえずこのブログと実行委員会公式ツイッター(@kitamiGP)でお伝えしてまいります。

ブログカテゴリ「北見GP」
 → http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/blog-category-2.html

実行委員会公式ツイッター(@kitamiGP)
 → http://twitter.com/kitamiGP

| 北見GP | 23:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。