オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。


2011年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

B-1グランプリ姫路大会 出展コラボ企画 ~富良野で両メニューが食べられる!

全国から63地域(63団体)のB級ご当地グルメ推進団体が11/12~13に兵庫県姫路市に集結し、No.1グランプリを目指す「第6回 B級ご当地グルメの祭典! B-1グランプリin姫路」に、北海道からはオホーツク北見塩やきそば推進協議会(会長:梶井敏幸)と富良野オムカレー推進協議会(会長:谷口正也)の2団体が出場します。

同グランプリ出場を記念して、両団体がコラボした企画を下記の通り富良野市で実施することになりました。

当日は同グランプリで提供するスタイルを再現して1日限りの数量限定で先行販売します。

当オホーツク北見塩やきそば推進協議会の梶井会長も富良野に行き、北見産の食材を使った塩やきそばを「まさ屋」の鉄板で調理します。





北海道を代表する新・ご当地グルメ「オホーツク北見塩やきそば」

プリプリ・肉厚のホタテとオホーツクの海水が育む塩ダレ、生産量日本一の玉葱の甘みが凝縮した逸品!

昨年のB-1グランプリ厚木大会に同協議会は、第10位に入賞!



colabo01.jpg

全国区の知名度に成長中の新・ご当地グルメ「富良野オムカレー」

富良野産のワイン、玉葱など野菜の旨味が凝縮したコクのあるデミグラス系のカレーソースとふわトロのオムライスが口の中でとろける逸品!

上富良野産地養豚のソーセージが美味しさを助長。



◆販売日時
 平成23年11月2日(水)11:30~15:00

◆販売場所
 てっぱん・お好み焼 まさ屋 (富良野市日の出町11番15号 電話0167-23-4464)

◆価 格/400円
※両グルメとも限定100食、無くなり次第終了となります。
※サイズは、B-1グランプリ出品用のハーフサイズとなります。
 また、プラスチック容器への盛り付けとなます。
※オホーツク北見塩やきそばはお持ち帰りができます。
 富良野オムカレー半熟オムライスの ため、食品衛生上お持ち帰り用フタや袋などは用意しておりません。(= お持ち帰りできません 。)

(注)B-1姫路大会では富良野オムカレー500円、塩やきそば400円となります。

◆特 典
 両グルメをセットで お買い求めただ客様は400円 を350円で販売いたします !
(注)セットに限り 各グルメが50円引きの350円で販売いたします。

(例)
・オムカレー1つ、塩やきそばを3購入した場合はオムカレー(350円)、塩やきそば(1つ×350円・2つ×400)となります。
・オムカレー3つ、 塩やきそば3つ購入した場合は全てが350円となります。

◆参 考
 第6回 B-1グランプリin姫路 公式サイト→ http://www.b1-himeji.jp/
スポンサーサイト

| 未分類 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

B-1グランプリ打ち合わせ&懇親会



だんだんと気持ちも盛り上がってきました。

土曜日の夜はB-1グランプリin姫路に一緒に行くメンバーのうち、都合がつく20名が集まり、大会に向けての確認事項の打ち合わせを行いました。

調理、盛付、窓口、店外PR、材料管理というようにいくつものパートが分かれており、それぞれの打ち合わせも個別に行われていますが、大会開催前に行える全体会議はこれが最初で最後になります。


111029_B104.jpg

とにかく共通の認識をきちんとして臨むこと。これが大事です。

準備万端と言えるところまでは到底届かないと思いますが、どの時点でもそれが私たちのまちおこしの集大成のレベルだと思います。

しかし自分の反省点も含め少し気になるのは、やはり順位のことが話題の中心にあることで、姫路に行くことの最大の目的を見失うことがないように気をつけなければなりません。

このブログを見てくださる市民の皆さんにもお願いしたいのですが、今大会に参加するメンバーにたいして、順位のプレッシャーがかかることがないようにご配慮いただきたいと思います。そして北見のPRをしっかりと行って無事に帰ってくることに、まずは期待をしていただきたいと思います。



111029_B102.jpg

「HOKKAIDO」の文字を今年から背中に。

全力で頑張ります。

| 未分類 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブルドックソースの「オホーツク北見塩やきそばソース チューブ300g」リニューアルのご案内

オホーツク北見塩やきそばソース B-1グランプリロゴ入り400

平成20年2月に発売になった、ブルドックソース株式会社の商品「オホーツク北見塩やきそばソース チューブ300g」がラベルパッケージを一新して販売されています。

ブルドックソース株式会社はオホーツク北見塩やきそば推進協議会の企画推進・運営につい、取り組みへの格別のご理解とご協力を頂いています。


以下、同社からのリリースの内容をそのまま掲載します。

-----------------------------------------------------------------------------
2011年10月1日
ブルドックソース株式会社 札幌支店

- 北海道北見市ご当地グルメ -
「オホーツク北見塩やきそばソース チューブ300g」リニューアルのご案内


ブルドックソース株式会社は、北海道地域限定品「オホーツク北見塩やきそばソース チューブ300g」を2011年10月よりリニューアルします。

2007年に誕生した「オホーツク北見塩やきそば」は、オホーツク海に面した北見市の名産品「ホタテ」「玉ねぎ」をメイン食材に使い、「塩味」にこだわったご当地グルメです。

「オホーツク北見塩やきそばソース チューブ300g」は「オホーツク北見塩やきそば推進協議会」と共同開発し、本場・北見塩やきそばの味をご家庭でそのまま再現できるソースです。パッケージ裏面にはレシピを紹介しています。

「オホーツク北見塩やきそばソース チューブ300g」は2011年10月出荷より「B‐1グランプリ公認商品」として「B‐1グランプリ」のロゴがパッケージに加わります。

1.対象商品 オホーツク北見塩やきそばソース チューブ300g

2.商品特徴
 ・北海道産のホタテエキスと玉ねぎを使用した塩味タイプの焼そばソース
 ・オホーツク北見塩やきそばの味をご家庭でそのまま再現できるソース
 ・「オホーツク北見塩やきそば推進協議会」と共同開発
 ・B‐1グランプリ公認商品

3.商品詳細
 ・商品名/オホーツク北見塩やきそばソース チューブ 300g
 ・内容量・荷姿/300g×10本(段ボール)×2(PPバンド結束)
 ・商品寸法/73mm(W)×175mm(H)×47mm(D)
 ・賞味期限(開封前)/1年
 ・希望小売価格(消費税別)/300円
 ・変更日/2011年10月 出荷分 より
 ・発売地域/北海道

-----------------------------------------------------------------------------
この商品は北海道限定での発売ですが、B-1グランプリの会場でも限定100本販売いたします。


ブルドックソース株式会社
 → http://www.bulldog.co.jp/

ご当地グルメのページ
 → http://www.bulldog.co.jp/gotochi/

商品紹介ページ
 → http://www.bulldog.co.jp/products/home/item0207.html



| 未分類 | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第6回B-1グランプリin姫路 開催まであと二週間です!

だんだんと迫ってきましたB-1グランプリの姫路大会までもうあと二週間あまりです。

準備も忙しくなってきました。





大会の実行委員会から公式パンフレットが送られてきました。

また今まで規制されていた出展情報も公式サイトのほうでリリースになりましたので、最新の情報としてお知らせいたします。



111027_HIMEJI02.jpg

会場は姫路城周辺の公園や駐車場などの敷地を利用して行われます。

昨年のの厚木大会の46団体を大きく上回り、全国から63団体が出展します。

そのため、会場を三つに分けて行われることになりました。

オレンジ色に塗られてところがとにかく会場です。

第6回 B級ご当地グルメの祭典! B-1グランプリin姫路【出展情報】
 → http://www.b1-himeji.jp/exhibit.html



111027_HIMEJI03.jpg

私たちオホーツク北見塩やきそば推進協議会が出展するのは第一会場の「シロトピア記念公園・城の北駐車場」です。

ここには17団体プラス、過去の大会での優勝歴がある殿堂入り団体二2団体の合計19団体が出展します。
 → http://www.b1-himeji.jp/stage1.html



111027_HIMEJI04.jpg

オホーツク北見塩やきそば推進協議会のブースは第一会場のちょうど中央、9番のブースです。



111027_HIMEJI05.jpg

同じ北海道から出展する富良野オムカレー推進協議会は、第3会場の「大手門駐車場・家老屋敷跡公園」45番のブースとなります。
 → http://www.b1-himeji.jp/stage3.html






大会名称/第6回 B級ご当地グルメの祭典! B-1グランプリin姫路

開催日/2011年(平成23年) 11月12日(土)・13日(日)

時間/9:30~15:30

会場/姫路城周辺

出展団体数/63団体(→出展団体一覧


入場方法/入場無料
 ※各B級ご当地グルメはイベントチケット(金券)による販売
  (料理価格は300~500円程度)

同時開催/姫路食博2011

主催/B-1グランプリin姫路実行委員会、愛Bリーグ

後援/姫路市、姫路食文化協会、兵庫県、姫路商工会議所、姫路市商工会、(社)姫路観光コンベンションビューロー 他


第6回 B級ご当地グルメの祭典! B-1グランプリin姫路【公式サイト】
 → http://www.b1-himeji.jp/

| 未分類 | 22:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きたみ素描(デッサン) 「紅葉2011」



今週は晴れたり曇ったり、また雨が降って気温もぐっと低くなってきました。

秋が深まり、もうすぐ雪が降り始めますね。

仕事での外回りも結構あるので、季節の変わり目にはできるだけカメラを持っていくようにしています。



111026_dessin02.jpg

北見市東陵運動公園のパークゴルフコース。

ここは春は桜、そして秋は紅葉というように四季折々の風景を楽しむのになかなか良い場所です。

お天気が良ければお弁当を持ってピクニックをするのにも良いですね。

午前中でも陽射しが低く、木々の長い影が落葉した地面に縞模様を描いています。



111026_dessin03.jpg

緑が丘霊園の上から北見市を一望。

紅葉の時期もなかなかのものです。

空が高く、また空気が澄んでいて気持ちが良い。



111026_dessin04.jpg

西4号線の上のほう、「高栄通り」と言いますが、ここの街路樹はイチョウです。

柔らかい秋の陽に透かされて鮮やかに輝いています。



111026_dessin05.jpg

緑小学校向かいの緑道は、真夏は木の葉に覆われ涼しげで静かな場所すが、今は一面が落ち葉に覆われ、明るくひらけた木々の間から柔らかい光が差し込み、鳥のさえずりが遠くからも聞こえてきます。

長い遊歩道が続くこの界隈は、たおやかで優美な木々のシルエットを楽し見ながら散策するのにもよい場所です。



111026_dessin06.jpg

風雨の影響が比較的少いのか、背もたれに苔のようなものが生えた木製のベンチは風景の中に完全に溶け込んでいます。

少し足を止めて腰掛け、見上げたときに広がる風景はまた独特のものがあります。

座ってみると良いですよ。



111026_dessin07.jpg

ここは北見市端野町の水田。

稲ワラはロールにまかれていて、雰囲気があります。



111026_dessin08.jpg

のどかで爽やかな秋の風景を楽しみ、
心も身体も健康な状態で冬を迎えましょう。



さて今年は、あまり良い写真が撮れないまま紅葉の時期が終わってしまいました。

昨年までのきたみ素描もありますので、そちらもお楽しみください。


きたみ素描(デッサン) 「落葉松(ラクヨウショウ)」2010.11.04 Thu
http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/blog-entry-1006.html

きたみ素描(デッサン) 「10月の風景 野付牛公園編」2010.10.15 Fri
http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/blog-entry-992.html

きたみ素描(デッサン) 「紅葉」2008.10.19 Sun
http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/blog-entry-351.html



| 未分類 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

株式会社清月(北見市)の「バウムラスク」が、北海道地方発明表彰で見事、知事賞に!

バウムラスク

銘菓「赤いサイロ」で有名な北見市の老舗菓子店、株式会社清月の「バウムラスク」がこの度平成23年度北海道地方発明表彰において北海道知事賞を受賞いたしました。

おめでとうございます!


◆北海道知事賞:焼菓子の製造方法(特許第4577855号)
http://www.jiii.or.jp/hyosho/chihatsu/H23/jusho_hokkaido/detail/hokkaido_chiji.html



【北見の老舗菓子メーカーの匠の技術と創造力】

「菓子作りに精励する人々の技能と美しい色や形を作り出す感性」
「手作りのぬくもりが感じられるような心のこもったお菓子」

人々の心を豊かにする匠の技術と創造力は、まさしく手仕事に丹精を尽くす日本の技術の素晴らしさの象徴といえます。

昭和10年の創業(創業76年)以来、「北見」の菓子業界を常にリードしてきた北見の老舗菓子店が作り上げた新しい商品には、北見市民の温かいまなざしが注がれています。




【伝統と新しさの融合】

この度の発明となった「焼菓子の製造方法」。
 ~商品名では「バウムラスク」といい、伝統と新しさを融合させた商品です。

「バウムクーヘン」を、「ラスク」のように焼き上げることで生みだされる独特の風味と食感は「クセになる味わい」として人気を呼び、各種のメディアに取り上げられています。

平成20年の発売からわずか3年で、地元はもちろん全道・全国からも注文が来るほどのヒット商品になりました。

同社の主力商品の一つとして永年親しまれている「バウムクーヘン」を応用した商品ですが、この世界中で広く愛されている菓子に更に手を加えて、クッキーのような全く違った製品に大きく変えてしまうことは、伝統を重んずる製菓業の分野ではなかなか考えられないことです。

この商品は単なる菓子のバリエーションの広がりではなく、一つの焼菓子を作る過程に「バウムクーヘン」の行程を用いるという、発想力の高さがうかがえる商品だと思います。

職人の手で丹念に同心状に焼きあげられた一層一層が大樹の年輪のようで、「長寿や繁栄」の象徴としてわれわれ日本人にも愛されるバウムクーヘンは、「バウムラスク」という新しい菓子の歴史の第一歩をこうして見届けるに至りました。

道民の手によって磨かれた北海道発のお菓子の技術が、今後も日本をリードするように、今後も新しいものにどんどん挑戦していただきたいと思います。

渡辺専務、おめでとうございます!



バウムラスク・赤いサイロの清月公式サイト 北海道 清月 人気の ...
http://www.seigetsu.co.jp/

| 未分類 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

週末は斜里町のウトロで「知床S-1グルメバトル」開催!

111023_S1グルメバトル

10月23日(日)は知床に行ってまいります。
ウトロ地区の道の駅「ウトロ・シリエトク」を会場に、知床のグルメが集まり、オホーツク北見塩やきそばもゲスト出店します。


食べた人の投票でグランプリを決める、対決イベント。

使用する食材は知床牛、知床鶏、鮭、サチク赤豚、(エゾ)シカ肉の頭文字「S」にちなみ「S-1」としたそうです。この5つのグルメからどれが一番になるか!

ぜひとも足をお運びいただき、それぞれのグルメの美味しさを楽しんでいただければと思います。

ご来場お待ちしております。



111023_S1グルメバトル2

イベントの詳細はこちら
斜里町観光協会のブログ
 → http://blog.shiretoko.asia/2011/07/1023s-1.html

| 未分類 | 21:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

農林水産省より「地産地消の仕事人」に選定されました

わたくしこの度、農林水産省より「地産地消の仕事人」の選定を受け、正式に公表されましたのでお知らせいたします。

これまでご指導頂きました、本当に多くの方々に深く感謝いたします。


「地産地消の仕事人」とは、農林水産省が2008年度からはじめた制度で、地場産物の安定供給体制の構築など地域の農林水産物の生産、販売、消費をつなぐ中心的な役割を果たし、今後もさらなる発展のために活躍が期待される人を選定するものです。

これまでの3回の選定では、全国で119名が「地産地消の仕事人」となっており、北海道からは唯一、札幌市のフードディレクター「貫田 桂一さん」が選ばれていました。

今回はその4回目で、全国で44名が選定され、北海道では私を含め下記の6名が選ばれています。


・七島ひとみ 狸小路道産食彩協議会(HUGマート 店長)/札幌市
道産品のアンテナショップ「道産食彩HUG(ハグ)」の店長として、直売所の取組の企画、運営に携わり、道内市町村の特産品販売、近隣の飲食店への食材提供を実施している。
また、円山動物園のアニマルファミリーを対象とした「リンゴ狩りツアー」の実施や各種イベントでの出張販売、雑誌・新聞等への積極的な対応を行うなど、生産者と消費者の交流促進、道産食材の販路拡大、PRに取り組んでいる。


・北川陸雄 函館短期大学付設調理師専門学校 日本料理研究室長/函館市
調理師専門学校の教員として、地産地消の意義について講義するとともに、「スローフード研究会」を設立し、郷土料理の研究や高等学校で道南食材の紹介、活用、普及に関する特別実習等を行っている。また、自治体等からの依頼を受け、地産地消メニューの開発を数多く行うとともに、料理講習会や料理教室の講師等を務めている。地元食材の品質の高さや安全性について、地元住民が理解を深め消費を拡大していくことを目的にした「はこだてフードフェスタ」においては、レシピ作成などに協力している。


・杉山雅則 株式会社 満寿屋商店 代表取締役社長/帯広市
株式会社満寿屋商店の代表取締役社長として、十勝産小麦を使用したパンを製造・販売している。
また、地元の農業高校と連携して、杉山氏が経営するパン屋の敷地内で小麦の栽培を行うほか、小学校や各種イベント会場で、自社の移動式石釜を使用した十勝産小麦や地元野菜を使ったピザ教室を開催するなど、地産地消・食育活動を実施し、十勝産小麦や地場産野菜の普及、消費者との交流に取り組んでいる。


・佐久間良博 江別製粉株式会社/江別市
江別産小麦にこだわり、生産者に栽培品種の助言等を行うなど、生産量の拡大に取り組む。小麦を活用した地域商品の開発に当たり、地域別、生産者毎の製粉を可能とするプラントを開発し、「江別産ハルユタカ」に特化した小麦粉の供給を可能とすることで、地域ブランドの確立に取り組んでいる。
また、地元大学等との産学官連携により「江別小麦めん」の開発、販売を行うなど小麦を为体とした地産地消活動に取り組んでいる。


・齋藤壽 ザ・ウィンザーホテル洞爺 顧問 株式会社 料理通信社 取締役編集顧問/洞爺湖町
北海道真狩村で地産地消の宿泊施設付きの本格的なフランス料理レストラン「マッカリ-ナ」や、美瑛町農協とのコラボレーションで「レストラン アスペルジュ」などのプロデュースを実施した。
また、農協運営による農産物のショールーム「美瑛選果」のオープンに関わり、美瑛産農畜産物の持ち味を生かす料理の提供、加工品をはじめとした商品開発、消費者の求めるパッケージツアー等の受入れなどの協力を行っている。


・拔山嘉友 財団法人 オホーツク地域振興機構(オホーツク圏地域食品加工技術センター 研究員)
「財団法人 オホーツク地域振興機構」の研究員として、地産地消を軸とする加工食品の企画・開発とご当地グルメの開発を行っている。
農畜水産物の加工技術をベースに、産物の魅力と価値を高めるための商品開発、生産から加工、販売までの連携コーディネート、技術開発のサポートを手がけ、「オホーツク北見塩やきそば」をはじめとした多くの商品開発を行った。


以上、今回の選定により道内の「地産地消の仕事人」が合計7名となりました。北海道、そして全国の地産地消の取り組みを後押しするために私たちの得た経験や知識を活かして、お役にたてるようにこれからもがんばりたいと思います。


農林水産省 地産地消ホームページ
 → http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/tisan_tisyo/index.html


第4回「地産地消の仕事人」の選定結果について
 → http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/tisan_tisyo/t_sigoto_nin/h23.html


「地産地消の仕事人」の紹介
 → http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/tisan_tisyo/t_sigoto_nin/syokai/index.html

| 未分類 | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日清ラ王の新商品は!? もしかすると!!



結構食べてます。日清の「ラ王」。「日清史上、最高傑作」というだけあって売り上げも好調のようですが、9月からは麺が15%増量されて、食べごたえもあり益々売れそうです。

今日は青いラベルの「旨み豚コク味噌」。濃厚な味噌味で少し甘め。道民が好む味です。


オホーツク北見塩やきそばのカップ麺、日清北の焼そば「オホーツク北見塩やきそば」の商品開発をしたのは、この「ラ王」のチームの方たちということはこのブログでお伝えしたことがありますが、担当の方から「ラ王」の新商品を決める企画に北見の産物が候補に挙がっているという知らせが入りました。


raou3.jpg

吉本 ラ王 芸人 『麺下分け目の戦い』という企画。

全国47都道府県から、各地の特産物を使ってラ王の新商品の食材選びをするというもので、北海道予選も行われており大詰めにさしかかっています。

その北海道代表を決める選考会が今週末、ウイングベイ小樽で行われます。



候補作は下記の通り

1.南幌町のキャベツキムチ(道央)
 シャキシャキしたキャベツの感触とキムチの辛さで勝負だ!!

2.炉端焼(道南)
 豪華なホタテと色鮮やかな食材で勝負だ!!

3.利尻昆布(道北)
 いいダシと磯の香りで勝負だ!!

4.北見F1タマネギ(道東)
 シャキシャキ感と栄養満点のタマネギで勝負だ!!

北見玉ねぎは「北海道地区代表」として勝ち上がることができるでしょうか。
是非注目してください。



Ustreamで食材選びの様子が見られます。


日清ラ王!食材探求の儀!(道北、道南)



日清ラ王!食材探求の儀!(道東、道央)


その他の関係動画が下記で見られます。
 → http://www.ynn47.jp/rao_hokkaido/

日清ラ王
 → http://www.rao.jp/

吉本 ラ王 芸人 『麺下分け目の戦い』
 → http://www.rao-special.jp/



raou2.jpg

吉本 ラ王 芸人 『麺下分け目の戦い』
■開催/2011年10月22日(土)
■時間/1)13:00~14:00 2)15:00~16:00
■場所/ウイングベイ小樽 5番街1階ネイチャーチャンバー
   (http://www.wingbay-otaru.co.jp/


ラ王に最も合う食材を決めるため、吉本きってのラーメン好き芸人が全国各ブロックのご当地食材を見極める!
見事日本一に輝いた食材は新たなラ王として商品化!

| 未分類 | 15:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

北見オクトーバーフェスト2011 19日(水)から

111019_北見オクトーバーフェスト

今年は行けるかなー。行きたいなー。

北見の秋を彩るイベントのなかでも、北海道内の地ビール発祥の地として知られるこの北見市で'95から開催されているオクトーバーフェストはもうすっかり定番です。

地元オホーツクビールを始め、ドイツビールや各県ビール併せて4日間合計49銘柄をお楽しみいただけます(日替わり提供ビールもあります)。

カクテルや音楽生演奏、そしてサロマ湖産ほたて浜焼き、北見産じゃがいものフライドポテト、北見産オニオンコロッケなどなど地産フードメニューも充実。もちろんオホーツク北見塩やきそばも販売いたします。



【北見オクトーバーフェスト2011】

日程/平成23年10月19日(水)~22日(土)

会場/コミュニティプラザパラボ まちきた大通りビル5階

住所/北見市大通西2丁目1番地

料金/前売り券2,000円:ビール4杯分(当日券2,200円)

問い合わせ先/北見観光協会 電話/0157-32-9900


出展品目などの詳細は下記もご覧ください。gracom.jpより
 → http://gracom.jp/1110/1110_d.html

北見観光協会「北見オクトーバーフェスト開催!」
 → http://www.kitamikanko.jp/
 → http://www.kitamikanko.jp/news/news01_48.html

ビール・フード・ステージはこちらでご確認下さい(PDF)。
 → http://www.kitamikanko.jp/news/0924.pdf


| 未分類 | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。