オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

社団法人 北海道倶楽部の会報で紹介されました。



12月19日(日)の道新でも紹介して頂いた話題です。

「北海道の発展のために何らかの寄与をしよう」と、北海道を愛する人々、北海道に何らかの関わりのある企業・団体が集まった活動団体の社団法人北海道倶楽部の会報「北海道 "NOW″」12月1日号でオホーツク北見塩やきそばが紹介されました。

同紙は北海道の食関連の話題のほか、道内に関連性の高い社会情勢など、北海道にゆかりのある方たちの関心の高い話題を中心に紹介し、毎月発行されています。


北見塩やきそば『全国区に』の見出しで、合併をきっかけに誕生したオホーツク北見塩やきそばは、材料や調味料を北見産にこだわり、デビューから3年半でB-1グランプリで10位入賞、北海道東北B-1グランプリでは3位受賞を果たしたことに触れ、ハッカ・タマネギのまちの新しい名物として全国を席巻するほどになったと書いてくださっています。


社団法人北海道倶楽部
 → http://www1.ocn.ne.jp/~h-c/

※北海道倶楽部は、東京で活躍中の北海道出身者が、昭和2年に結成した親睦団体が前身です。現在の北海道倶楽部は、戦後「北海道の発展のために何らかの寄与をしよう」と、北海道を愛する人々、北海道に何らかの関わりのある企業・団体が集まり、昭和23年に再組織したもので、以来60年にわたり活動を続けています。

会員数は現在約700名。具体的な活動としては、北海道に対する提言や支援、北海道への理解促進やPR、異業種間の情報交換や世代間のふれあいの場を提供する会合、さらに講演会、懇話会などキャンペーンや行事を行っています。(社団法人北海道倶楽部HPより引用)


| 未分類 | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/1031-05c92c28

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。