オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「かみかわカレーフォーラム2007」


9月1日に旭川市の「ロワジールホテル旭川」において、「かみかわカレーフォーラム2007」~地元食材を活用した地域活性化について~が開催されました。
当協議会からもNさんが参加しその様子を伝えてくれましたので掲載します。


ご存知の通り、上川地区といえば「富良野オムカレー」「美瑛カレーうどん」などご当地グルメの先輩達がすでに地域の名物として定着しています。
本フォーラムでは上記のほかに、「士別ラムとろスープカレー」、「“米粉めん大雪「艶雪」”カレー(旭川市)」、「ロワジールホテル ホワイトチキンカレー(旭川市)」など、上川管内各地の特産カレーが一堂に会すという、食による町おこしから地域おこしへと広がっていく様子を目の当たりに出来る絶好の機会となりました。当日会場には関係者を含め200人が集まったそうです。当協議会も参加させていただき、「オホーツク北見塩やきそば」のリーフレットを配布していただきました。


内容は
第1部 パネルディスカッションでは、「魅力ある地元食材で“かみかわ”を華麗(カレー)に盛り上げるために」をテーマとして、各地のカレー誕生のきっかけや普及に向けた課題、カレーによるまちおこしについて意見交換を行いました。



【パネリスト】
・千葉道夫(サフォークランド士別プロジェクト委員長)
・西森和弘(美瑛カレーうどん研究会会長)
・飯沼巌(食のトライアングル研究会会長)
・松野健吾(かみかわカレー王国プロジェクト実行委員会事務局長)
・コーディネーター林美香子(キャスター・フードコーディネーター)



第2部 カレーランチバイキングでは、5種類のカレーが振舞われました。



【メニュー】
・士別ラムとろスープカレー(士別市)
・美瑛カレーうどん(美瑛町)
・富良野オムカレー(富良野市)
・“米粉めん大雪「艶雪」”カレー(旭川市)
・ロワジールホテル ホワイトチキンカレー(旭川市)


その他地元の食材を使ったサラダ、スイーツ、ドリンクなどもあり、帰りにはおみやげとしてカレーを作れる具材一式(米、野菜、カレールー)もいただきました。


| 未分類 | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/106-a08c04f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。