オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

大震災から二週間 ブログを再開します。

3月11日に発生した東北地方を中心に甚大な被害をもたらした東日本大震災から二週間がたちました。
死者・行方不明者の数は2万7千人を超え、また依然として約24万人が避難所での生活を余儀なくされています。

私たちの住む北海道、特に北見市は大きな被害はなく、生活に支障をきたすほどの影響はほとんどありませんでした。テレビに映し出される大津波やリアルタイムに報じられる被害の状況を見て、これが津軽海峡を隔てたすぐ近くの土地で起こっていることとはとても信じられず、これ以上、被害が拡大しないことを祈ることしかできない無力さに憤りを感じながら、深く心を痛めていました。

誰もが考えたと思います。自分がこの災害に会ったときに、家族を守ることができるだろうかと。そのかけがえのない尊い命を守るためにこれから何をするべきなのかと。
そして被災地の復旧と復興のために私たちができることはないだろうかと。

被災されたみなさまへ、心よりお見舞いを申し上げますとともに、 亡くなられた方々とご遺族のみなさまには深くお悔やみ申し上げます。


この間はブログとツイッターの更新をお休みさせていただきました。とにかく災害に関係した情報がネット上で、ものすごい勢いで飛び交っていたこの間の状況は、正常とは言い難く、ほんとうに混乱していたように思います。

特にツイッターは、被災地の方たちにとっては大切な、そして命にかかわる重要な情報源となり、電話が使えないような状況下でも多くは機能していたことから、利用される割合が急激に上がっていたろうと思います。

でも残念なのは、批判やデマ。

それがチェーンメールとなり大量に橋渡しされることで、大切な情報を覆い隠してしまっていたことです。

私がツイッターでフォローしているのはわずか35名です。大震災発生後は、たったそれだけの人数からも毎日100を超える大量のツィートが流れてくるようになりました。よほど時間に余裕があるか、または欲しい情報を必死に探している状況でもなければ、すべてに目を通すことはできないと思います。

もしその中に間違った情報があり、私がそれを良く調べもせずに信じてリツイートしてしまうと、わたしをフォローしてくれている165名の方に配信してしまうことになります。それが連鎖的に広がっていくと、とんでもない数になることは言うまでもありません。

この現象が、ネットワーク全体に及ぼす負荷としてどの程度の影響があるのかは分かりませんが、少なくとも被災地から遠く離れた北海道や北見にいる者が、さらに広めるべき情報なのかもよく考えて利用しなければならないと思いました。

それから東北地域にお住まいの方も多数フォローしてくださっているので、私はその方たちに迷惑をおかけすることはできませんから、ツィッターによる情報発信はもう少し落ち着いてからにしようと思います。

ある方が、ブログに書いていたことを勝手に引用させていただきます。

『消防車やパトカーがサイレンを鳴らして通ると、道を明けますよね。このやり方が、今回のような災害時にも、私の取りうる最上のお手伝いではないかと思うのです。もちろん私が直に協力できることはしますが。』

私もこれを見て、なるほどと思いました。

ブログに関しては、必要な方が情報を取りに行く仕組みになっていますから、おそらく迷惑をおかけすることはないでしょう。よって明日からは、またいつも通りにブログでの情報発信をしていきますのでご覧いただければ幸いです。

| 未分類 | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/1069-26dd61c7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。