オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゆうべつ牛を使った料理発表会

今日は審査員です。

北見からは車で約一時間、オホーツク海沿岸のまち湧別(ゆうべつちょう)町のJAさんに呼ばれてやってきました。


110420_gyuu01.jpg

湧別町は農業分野では酪農、畜産が主で、漁業と並び地域を支える重要な産業です。

いまJAでは町内産の牛肉のブランド化を進めようと、ゆうべつ牛の利用法の検討を行っているのです。

そのひとつが「ドライエージングビーフ」。
直訳すると乾燥状態で熟成させた牛肉のことで、専用の冷蔵室内で肉をむき出しのまま数十日間熟成させるというものです。

そうすることによって、生肉が持つ酵素の働きによって熟成が進み、筋肉を構成するたんぱく質が徐々に分解されてアミノ酸やペプチドなどのうま味成分を増すということと、乾燥による水分の蒸発が、牛肉特有の乳臭さなどを低減させる働きがあるのです。

食べてみると、肉のおいしさが一般の牛肉とは一味違うことが分かります。

その良さを味わうためには、肉の味がダイレクトにわかる調理法が良いかもしれません。

前置きが長くなりましたが、きょうはこの牛肉を使った料理を地域の農家のみなさんが作り、試食会をすることになりました。私も一応、肉が専門なので、その評価をさせていただくことになったのです。



110420_gyuu02.jpg

調理の合間に、この牛肉を使った調理法の講習会も行われました。
また私も10分ほどお時間を頂き、地域の食材を使った食による地域振興の例としてオホーツク北見塩やきそばのはなしもさせていただきました。



110420_gyuu03.jpg

講師はこの方、フードプロデューサー 青山則靖さん
UHB午前の人気番組「のりゆきの トークDE北海道」に出演中(金曜日)です。

◆青山則靖さんのブログ
http://supportao.exblog.jp/

◆無料動画【Yahoo! Gyao!/青ちゃんの解決きっちん】
※これはすごくためになります。必見です!
http://gyao.yahoo.co.jp/p/00842/v09789/
簡単で失敗なし! キッチンサポーター青ちゃんがプロの裏ワザをお届けします! 北海道の人気番組「トークDE北海道」から料理コーナーをご紹介!

「お店の味を出したい!」「どうしてうまくできないの?」そんな声に惜しみなく秘密の裏ワザを公開します。このやり方であの味が簡単に手に入る! 青ちゃんのアドバイスですべて解決!


◆のりゆきの トークDE北海道
http://uhb.jp/talk/index.php


110420_gyuu04.jpg

出来上がった牛肉料理は15品ぐらい。
食べるのに夢中で数を数えていませんでしたが、ローストビーフやビーフシチュー、しぐれ煮、炒め煮やドライカレーなどのオーソドックスなものを中心に和洋食様々な料理が出されました。



110420_gyuu05.jpg

一つ一つの味をしっかりと確かめながら評価をしていきます。



110420_gyuu06.jpg

最後は評価。
JA組合長や、肉牛生産団体の代表の方、私と青山先生が講評していきます。

どれも非常においしく、またそれぞれ工夫を凝らしつつも、家庭料理の域を超えないことがとても良い印象でした。特にローストビーフと佃煮系の料理を食べたときに、ゆうべつ牛ブランド化のまず第一歩のヒントがあったように思いました。

詳しくは述べませんが、この肉の可能性の高さは大変興味深いものがあります。

| 未分類 | 23:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/1078-c8b2cd56

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。