オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

きたみ素描(デッサン) 「タマネギ畑」



30℃を上回る、気温の高い日が続いています。

例年はお盆を境に朝晩が涼しくなるのでもうちょっとの辛抱ですが、それにしても暑いですね。

北見市内では、タマネギの収穫作業が始まりました。

生産量日本一を誇る北見農業の象徴ともいえるこの風景は、夏の最盛期市内のあちこちで見られます。


今年は6月10日に網走・北見を襲った大量の“ひょう”による被害が甚大で、地上に垂直に伸びるタマネギの葉の部分が、折れ曲がったり傷がついたことにより廃耕を余儀なくされた畑もたくさんあります。北見市三輪周辺のタマネギ畑も一部ヒマワリなどの緑肥作物が植え替えられているという状況です。

tamanegi02.jpg


今年ももうすぐ、新物のタマネギが食べられるようになりますね。

| 未分類 | 14:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/1098-2df00ab7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。