オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

農林水産省より「地産地消の仕事人」に選定されました

わたくしこの度、農林水産省より「地産地消の仕事人」の選定を受け、正式に公表されましたのでお知らせいたします。

これまでご指導頂きました、本当に多くの方々に深く感謝いたします。


「地産地消の仕事人」とは、農林水産省が2008年度からはじめた制度で、地場産物の安定供給体制の構築など地域の農林水産物の生産、販売、消費をつなぐ中心的な役割を果たし、今後もさらなる発展のために活躍が期待される人を選定するものです。

これまでの3回の選定では、全国で119名が「地産地消の仕事人」となっており、北海道からは唯一、札幌市のフードディレクター「貫田 桂一さん」が選ばれていました。

今回はその4回目で、全国で44名が選定され、北海道では私を含め下記の6名が選ばれています。


・七島ひとみ 狸小路道産食彩協議会(HUGマート 店長)/札幌市
道産品のアンテナショップ「道産食彩HUG(ハグ)」の店長として、直売所の取組の企画、運営に携わり、道内市町村の特産品販売、近隣の飲食店への食材提供を実施している。
また、円山動物園のアニマルファミリーを対象とした「リンゴ狩りツアー」の実施や各種イベントでの出張販売、雑誌・新聞等への積極的な対応を行うなど、生産者と消費者の交流促進、道産食材の販路拡大、PRに取り組んでいる。


・北川陸雄 函館短期大学付設調理師専門学校 日本料理研究室長/函館市
調理師専門学校の教員として、地産地消の意義について講義するとともに、「スローフード研究会」を設立し、郷土料理の研究や高等学校で道南食材の紹介、活用、普及に関する特別実習等を行っている。また、自治体等からの依頼を受け、地産地消メニューの開発を数多く行うとともに、料理講習会や料理教室の講師等を務めている。地元食材の品質の高さや安全性について、地元住民が理解を深め消費を拡大していくことを目的にした「はこだてフードフェスタ」においては、レシピ作成などに協力している。


・杉山雅則 株式会社 満寿屋商店 代表取締役社長/帯広市
株式会社満寿屋商店の代表取締役社長として、十勝産小麦を使用したパンを製造・販売している。
また、地元の農業高校と連携して、杉山氏が経営するパン屋の敷地内で小麦の栽培を行うほか、小学校や各種イベント会場で、自社の移動式石釜を使用した十勝産小麦や地元野菜を使ったピザ教室を開催するなど、地産地消・食育活動を実施し、十勝産小麦や地場産野菜の普及、消費者との交流に取り組んでいる。


・佐久間良博 江別製粉株式会社/江別市
江別産小麦にこだわり、生産者に栽培品種の助言等を行うなど、生産量の拡大に取り組む。小麦を活用した地域商品の開発に当たり、地域別、生産者毎の製粉を可能とするプラントを開発し、「江別産ハルユタカ」に特化した小麦粉の供給を可能とすることで、地域ブランドの確立に取り組んでいる。
また、地元大学等との産学官連携により「江別小麦めん」の開発、販売を行うなど小麦を为体とした地産地消活動に取り組んでいる。


・齋藤壽 ザ・ウィンザーホテル洞爺 顧問 株式会社 料理通信社 取締役編集顧問/洞爺湖町
北海道真狩村で地産地消の宿泊施設付きの本格的なフランス料理レストラン「マッカリ-ナ」や、美瑛町農協とのコラボレーションで「レストラン アスペルジュ」などのプロデュースを実施した。
また、農協運営による農産物のショールーム「美瑛選果」のオープンに関わり、美瑛産農畜産物の持ち味を生かす料理の提供、加工品をはじめとした商品開発、消費者の求めるパッケージツアー等の受入れなどの協力を行っている。


・拔山嘉友 財団法人 オホーツク地域振興機構(オホーツク圏地域食品加工技術センター 研究員)
「財団法人 オホーツク地域振興機構」の研究員として、地産地消を軸とする加工食品の企画・開発とご当地グルメの開発を行っている。
農畜水産物の加工技術をベースに、産物の魅力と価値を高めるための商品開発、生産から加工、販売までの連携コーディネート、技術開発のサポートを手がけ、「オホーツク北見塩やきそば」をはじめとした多くの商品開発を行った。


以上、今回の選定により道内の「地産地消の仕事人」が合計7名となりました。北海道、そして全国の地産地消の取り組みを後押しするために私たちの得た経験や知識を活かして、お役にたてるようにこれからもがんばりたいと思います。


農林水産省 地産地消ホームページ
 → http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/tisan_tisyo/index.html


第4回「地産地消の仕事人」の選定結果について
 → http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/tisan_tisyo/t_sigoto_nin/h23.html


「地産地消の仕事人」の紹介
 → http://www.maff.go.jp/j/seisan/gizyutu/tisan_tisyo/t_sigoto_nin/syokai/index.html

| 未分類 | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/1140-ac9a123c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。