オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

株式会社清月(北見市)の「バウムラスク」が、北海道地方発明表彰で見事、知事賞に!

バウムラスク

銘菓「赤いサイロ」で有名な北見市の老舗菓子店、株式会社清月の「バウムラスク」がこの度平成23年度北海道地方発明表彰において北海道知事賞を受賞いたしました。

おめでとうございます!


◆北海道知事賞:焼菓子の製造方法(特許第4577855号)
http://www.jiii.or.jp/hyosho/chihatsu/H23/jusho_hokkaido/detail/hokkaido_chiji.html



【北見の老舗菓子メーカーの匠の技術と創造力】

「菓子作りに精励する人々の技能と美しい色や形を作り出す感性」
「手作りのぬくもりが感じられるような心のこもったお菓子」

人々の心を豊かにする匠の技術と創造力は、まさしく手仕事に丹精を尽くす日本の技術の素晴らしさの象徴といえます。

昭和10年の創業(創業76年)以来、「北見」の菓子業界を常にリードしてきた北見の老舗菓子店が作り上げた新しい商品には、北見市民の温かいまなざしが注がれています。




【伝統と新しさの融合】

この度の発明となった「焼菓子の製造方法」。
 ~商品名では「バウムラスク」といい、伝統と新しさを融合させた商品です。

「バウムクーヘン」を、「ラスク」のように焼き上げることで生みだされる独特の風味と食感は「クセになる味わい」として人気を呼び、各種のメディアに取り上げられています。

平成20年の発売からわずか3年で、地元はもちろん全道・全国からも注文が来るほどのヒット商品になりました。

同社の主力商品の一つとして永年親しまれている「バウムクーヘン」を応用した商品ですが、この世界中で広く愛されている菓子に更に手を加えて、クッキーのような全く違った製品に大きく変えてしまうことは、伝統を重んずる製菓業の分野ではなかなか考えられないことです。

この商品は単なる菓子のバリエーションの広がりではなく、一つの焼菓子を作る過程に「バウムクーヘン」の行程を用いるという、発想力の高さがうかがえる商品だと思います。

職人の手で丹念に同心状に焼きあげられた一層一層が大樹の年輪のようで、「長寿や繁栄」の象徴としてわれわれ日本人にも愛されるバウムクーヘンは、「バウムラスク」という新しい菓子の歴史の第一歩をこうして見届けるに至りました。

道民の手によって磨かれた北海道発のお菓子の技術が、今後も日本をリードするように、今後も新しいものにどんどん挑戦していただきたいと思います。

渡辺専務、おめでとうございます!



バウムラスク・赤いサイロの清月公式サイト 北海道 清月 人気の ...
http://www.seigetsu.co.jp/

| 未分類 | 21:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/1142-b2fdace0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。