オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オホーツク管内土地改良区役職員研修会で講師



食によるまちおこしの講演に関するご依頼を多数いただいており、今後三月いっぱいまでの間に8~9件はあると思います。

地元北見やオホーツク管内はもちろん、札幌市、羅臼町、枝幸町、岩見沢市、更には青森県の弘前市からも来ております。3月がまだそれほど入っていませんので、これから入るかもしれません。今年度はトータル25件ぐらいになりそうです。

私はもともと研究職なので、白衣を着て試験管を持って実験をするのが大好きで今の仕事を志したのですが、さまざまな縁で多くの方々との関わリが増えるにつれて、いろいろな力を授かっているようで、これは自分にはどうすることもできないなと、少し成行きに任せて求められる方向にただ進んでいるのですが、不思議なことに良い仕事にどんどん巡り合えています。

おそらくは自分にも力を蓄えるべき時があって、準備が整ったときに研究者としての能力が発揮されることもあるかもしれません。

「雨垂れ石を穿つ」ということばがあります。

根気よく少しずつでも研究を続けていきながら、いつか大きな成果に達するまでの間、自分の仕事のフィールドをしっかりと保ち、地域振興を少しでも前に進めていくべきだろうと、思っています。



120119_tochi02.jpg

さて今日(19日:木)は、いろいろと忙しい一日で、日清のラ王の新商品食材として北見玉ねぎが選ばれ、大喜びでブログを書きつつも、午後からの講演の準備もしておりました。

北見市温根湯の大江本家にて、管内の土地改良区の役職員研修会があり、その講師です。

農業・農村整備事業に関わる管内の役員の方々、特に農業分野において地域の要となる方たちに、地域の食に関する取り組みをご紹介しました。

いろいろとお話しを用意していましたが、何といってもタイムリーな日清の話題や、先日のT-1グランプリ受賞のニュースはとても関心を持って聞いてくださいました。

明日は旭川出張。米粉の利活用に関する勉強会に参加してきます。

| 未分類 | 00:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/1172-8d7fdaec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。