オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

エゾシカ肉を学校給食に! 網走市食品加工体験センター「みんぐる」で、提案品の試作開発を行いました。

日付が変わりましたので昨日の話題ということになります。

北見市常呂町では、NHKのお昼の生放送「ひるブラ」にオホーツク北見塩やきそば推協議会スタッフが出演しました。

トラブルもなく、対応もスムーズでうまくいって良かったです。



120207_mingru01.jpg

その部隊とは別に、私と梶井会長は網走市へ。

市民をはじめ一般の方が利用できる食品加工体験施設の「みんぐる」にやってきました。

平成18年にオープン、パンやみそ、豆腐などの農産加工のほかにもソーセージやアイスクリームなどいろいろな加工品の製造ができる施設です。レトルト加工が人気で、カレーや温野菜など保存食作りが盛んに行われています。

この施設の道具類の選定は私が行ったのですが、あまりのボリュームに2週間以上かかりました。

今回はこの施設を利用し、エゾシカ肉のメニューの試作開発を行いました。



120207_mingru02.jpg

道が推し進めている2011年度「地域食クラスター推進事業」で、オホーツク地域の食資源を生かした取り組みとして、エゾシカ肉を利用した加工食品と調理メニューの開発を、地元学校給食への利用提案のためにおこなっており、私たち、やきそばコンビにその開発が託されています。

昨年末に管内の学校給食関係者と栄養士の皆さんに試食していただき、アンケートなどを通じてご意見を頂きながら改良を行ってきました。

手がけているのは給食の定番品の「エゾシカカレー」と「エゾシカミートソース」。

加工品としては「エゾシカコロッケ」と「ホットドック」です。

どれも自信作。何とか採用していただきたいという思いで真剣にやっています。

2月14日には札幌グランドホテルで開かれる「食クラ・フェスタ2012」にも出展し、進行状態を披露することになっています。その準備も大詰めでかなり忙しくなってきました。

※この事業の詳細はまた後日お知らせします。



120207_mingru03.jpg

網走からの帰り道、「ひるブラ」を見たくて道の駅めまんべつ(大空町)に。


120207_mingru04.jpg

運よくテレビがあり、入ったお店で特産のシジミラーメン。
ダシがおいしかったですねー。


※関連サイト
網走市食品加工体験センターみんぐる
 → http://www.city.abashiri.hokkaido.jp/040shisetsu/055community/520minguru.html

食クラスター連携協議体
 → http://www.fc-nw.jp/

| 未分類 | 01:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/1186-966092f4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。