オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

きたみ素描(デッサン) 「2008 北見厳寒の焼き肉まつり」



北見は「焼肉のまち」、焼肉が大好きな北見市民は真冬にも外で焼肉をするんです。


しかしそれはいつもというわけではなく、この一日だけ。


2月8日(金)、北見芸術文化ホール駐車場にて恒例の「2008 北見厳寒の焼き肉まつり」が行なわれました。この日は気温がマイナス7℃ぐらい。寒さのピークは過ぎたとはいえ、2時間近くもその場にじっとしているのはかなり厳しいものがありますよ。


今年で9回目となるこのイベントには、防寒着を着込んだ北見の焼肉好き1500人が集まりました。




乾杯の音頭は道義と市長




生肉はいつの間にか冷凍肉になっていました。ほぐしながらやきます。焼けているものかどうかの判断がつきにくい。
火力はまずまず、ちゃんと焼けます。でも上が冷める前にこまめに返すのがおいしく食べるコツのようです。


1000円のチケットで、お肉三種類とソフトドリンク、焼酎が飲めます。そのほかエゾシカ肉など多数の協賛品がありますし、売店でも色々出されていますから、結構おなかいっぱい食べられます。




こちらはオホーツクビールから限定新発売のホットビール「寒(かん)から燗(かん)」。これは結構効きます!
温かいビールなんて初めて。結構おいしかったですよ。




この寒さの中、なんと御みこしですよ! ふんどし姿の人もいてびっくりデス。




七輪の火力も心細くなってきて、もう限界になった頃、売店コーナーに行ってみるとあったかいモツ鍋が。すぐに買って食べ、何とか復活。他にも色々出てました(さむくてじっくり見る余裕無し)。




外でやる焼肉は最高ですね。来年もまた来ます。やきそばはどうでしょう、売れないかなー。
ちょっと趣向を変えて、スープ塩やきそばなんて良いのではないかと思うんですが。




翌日から始まる北見冬まつりを前に、氷の彫刻を彫る方たち。皆さん調理人です。その日の仕事を終えてから、夜通しの作業。チェーンソーや電動器具、ノミを使い見る見るうちに仕上げていきます。




見たことのある形、何が出来るでしょう。がんばってくださいね。


明日は冬まつり、オホーツク北見塩やきそばの販売も行なわれます。

| 未分類 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/150-24158639

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。