オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

きたみ素描(デッサン) 「タマネギ苗の植え付け」



今日から5月です。北海道地方は、高気圧に覆われており、特に道東地域を中心に気温が上がっています。


午前8時現在、北見市では20.5℃、遠軽町生田原は26.4℃、湧別町では28.0℃。


北見の予想最高気温は、なんと30℃です。この暖かさは明日も続く見込みで、明後日以降はまた平年並みに戻るようです。


さて、市内の畑ではタマネギの苗の植え付け作業が最盛期を迎えています。


北見はタマネギの生産量日本一。


どのくらいの量かといいますと、167,600t(全国シェア14.9%)です。


ちなみに網走管内全体で全国シェア30%もありますから、オホーツクはとにかくタマネギの生産量が多いのです。


タマネギ農家の皆さんは、年が明けてまもなく、まだ雪深い一月のうちに育苗用のビニールハウスの準備に取り掛かり、2月の中旬にはタマネギの苗を作りはじめます。


苗づくりはその年の作柄や収穫を大きく左右させる重要な仕事です。そのため非常に神経を使います。


 




これからぐんぐんと伸びていく。
北見は晴天率が高く、晴れの日が多いといわれています。太陽の光をたっぷりと浴びながら、おいしいタマネギが育ちます。


※ご紹介
私(拔山)の写真撮影の先生でもある、訓子府町の農家「島貫農園」さんのHP。
日々の仕事のこと、地域のこと、ご家族のことなど充実したコンテンツと、日常の写真。タマネギの栽培日記もあります。
http://shimanuki-farm.net/

| 未分類 | 09:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/181-1352061d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。