オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

夢みんと2008 ぼんぼんまつり

ブログもしばらくお盆休みを頂いておりました。
昨年のお盆の帰省時期は、オホーツク北見塩やきそば各店には大変多くのお客様に来ていただき、麺の供給が一時追いつかないほどであったそうです。今年はどうだったのでしょう、19日にミニ協議会があるので結果を聞いてこようと思います。


 



毎年恒例のぼんぼんまつりが14日(木)から16日(土)まで行なわれ、中国家郷屋台 笑安記によるオホーツク北見塩やきそばの販売が行なわれました。


今年は天候が不安定で、時折強い雨に見舞われる中での祭り開催でした。
素人縁日ほか仮装盆踊り大会、太鼓の競演など盛りだくさんの内容で、中心商店街(銀座通り、一番街、二番街)は多くの人出でにぎわいました。


 



笑安記の屋台。
7月のぼんちまつりに続き、夏のイベントには必ず出ています。
そして今回のぼんぼんまつりの屋台出店の前々日までは、三輪のお店のほうでも屋台を開いていたそうです。そちらのほうも盛況だったようです。残念ながらそのときは行けず。


本格中華料理の専門店らしく、から揚げも一味違います。そしてゴマ団子やホタテ焼き、シュウマイはすごくうまい。


 



そしてオホーツク北見塩やきそば。
特製の「オホーツク醤(じゃん)」を使った、コクのある風味とタケノコの食感は笑安記の味そのままです。


 



塩だれと醤(じゃん)が鉄板で熱されて、香ばしい良い香りが広がります。

| 未分類 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/227-96dad346

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。