オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第5回 ビジネスセミナー



11月26日(水)、北見工業大学において「第5回 ビジネスセミナー」が開催され、パネル展の展示コーナーにおいて私(拔山)の勤務しております道立オホーツク圏地域食品加工技術センターの成果品等のPR展示が行なわれました。


また特設のコーナーを設けまして、きたみスイーツの試食会も開催されました。


このセミナーは「地域と大学との連携による地域再生 ~各地における取り組み事例発表」と題し、地域再生をテーマに農業や食、新産業分野で産学官連携に取り組む道内外の大学や専門学校の情報交換の場として催され、各大学の事例発表とともに北見工大の施設見学会、公設支援機関によるパネル展示、企業相談会などが行なわれました。


 



北見工業大学
1966年に開学。


寒冷地において自然との調和を図りながらテクノロジーの発展を目指す日本最北の国立大学で、ソーラー発電などの寒冷地工学分野では最先端。


 



会場は大学図書館に併設する「コミュニケーションアトリウム」


 



パネル展では展示品なども多数。


 



オホーツク北見塩やきそば関連商品の展示。


 



こちらはきたみスイーツの試食会コーナー
今日は私はこっちの担当。


 



きたみ菓子まつりと同様、11社13品の試食品を用意。
工大の学生の皆さんや教員の方、またこのセミナーに参加される他大学の関係者の方たちにも評価をしていただこうと思います。

※きたみ菓子まつり
 → http://blog.goo.ne.jp/kitami-shioyakisoba/e/173fc88c909c26e4f95caed68200df43


 



試食会は午前と午後の二回開催。
それぞれ50名分のアンケートを実施しました。


 



今回はきたみスイーツのほかに、
北見工業大学と北見の老舗菓子店(株)清月との共同開発による大学ブランド商品「雪まりも」の試食アンケートも行ないました。


※雪まりも
1995年、北見工大の亀田助教授が第36次南極地域観測隊として越冬観測を行っていたときに発見した自然現象で、雪面に形成された球形の霜の塊を、帰国後「雪まりも」と名づけました。
 →
http://www.yukimarimo.com/


その雪まりもをモチーフに作られたお菓子です。真っ白な粉砂糖をまぶしたアーモンドクッキーなんですが、口に含むとほろほろとくずれます。


(株)清月
 →
http://www.seigetsu.co.jp/


 


 



 

| 未分類 | 22:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/381-125d6fdd

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。