オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

きたみ素描(デッサン) 「訓子府町南8線」



北見市内の今日(12/9)の最高気温は11.5度(13時)、もう12月ですよ。


小春日和というには時期も遅いし、季節はずれの陽気です。


今日と明日は置戸町で仕事です。


置戸に行く楽しみの一つは、途中のこの景色。


ここは北見~置戸間、訓子府町の南8線から見える風景です。


緩やかにうねる畑と遠くの山並みには四季折々の色合いと表情があり、その移り変わりを楽しむことが出来ます。


 



雪や霜が着いても朝には日に照らされてすぐに解けてしまいます。


太陽が昇る方向に目をやると畑から湯気が上がったようにうっすらと“もや”がかかっています。
(残念ながら写真ではわかりにくいのです)


 



同じく南8線、道立北見農業試験場付近。
北見市上常呂から続いている、長い長い直線道路。
畑の間をはしる道を、ひたすらまっすぐ進み置戸に向かいます。


 

| 未分類 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/384-0adc0bde

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。