オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

きたみスイーツのウェディングケーキ



平成20年度は残すところあと1週間、年度の締めくくりと4月からの新しいの取り組みの準備が重なる時期です。
3月はいろいろな行事がありました。今後出来るだけたくさんご紹介したいと思います。



こちらは3月21日(土)、北見東急インで行なわれた結構披露宴。
新郎新婦が入場します。


全国一の生産量を誇る北見市留辺蘂産の白花豆を使った「きたみスイーツ」が昨年の11月に市内の11店の菓子店からデビューし、北見の新しい菓子ブランドとして多くの関心を寄せていただいているところです。


この取り組みも3月で一区切りとなりますが、持続的な発展に向けて色々な企画を考えていかなければなりません。


 



白花豆をモチーフにしたこのウェディングケーキは、今回ご結婚されたお二人の新しい門出となる披露宴に文字通り「花を添える」ため、きたみスイーツ加盟店「パティスリー・ジュエル」が作ったものです。


この企画を提案してくださったのは、きたみスイーツの原料を供給してくださっている(株)グリーンズ北見さん。新郎のお母様がお勤めになっているというご縁でご提案いただいたことがきっかけです。


お二人の馴れ初めにちなんだ装飾に加え、白花豆の花やツルのアメ細工を各所にあしらったデザインで、思わずため息が漏れるほど素敵なものに仕上がりました。


 



ケーキの素材にはもちろん、(株)グリーンズ北見さんの白花豆ペーストを使い、しっとりとしたカステラ生地とほどよい甘さの白花豆の鹿の子(かのこ)が上品な味に。パティスリー・ジュエルのきたみスイーツ商品「白花かすてら」がベースになっています。オーナーシェフの西さんも相当時間をかけて作ってくださったようです。お見事。


 



ウエディングケーキ入刀。
幸せそうなお二人の姿に、コメントはいりませんね。


報道機関の方も数社取材に来てくださっており、加えて記念の撮影のためにものすごい数のひとがその場を埋め尽くしました。


この後、ケーキを切り分け、ゲストの皆様に振舞われました。


 



思い出に残る地元ならではの演出に、会場もあたたかい雰囲気に包まれました。


 



このたびご協力をいただきました新郎新婦のお二人に感謝したいと思います。
ご結婚おめでとうございます。末永くお幸せに!

| 未分類 | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/445-147b3320

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。