オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

新・ご当地グルメのネットワーク化



先日お伝えした、北海道じゃらん編集長のヒロ中田さん異動のニュース


これを受けて3月22日(日)、道内の新・ご当地グルメのキーパーソンが芽室町に集結しました。


報じられてから10日あまりで集まってしまう。このフットワークのよさと意識の高さが新・ご当地グルメの“新”たるゆえんのひとつではないかと思います。


編集長が異動されることで考えられるいろいろな影響を考慮しつつ、私たち道内の新・ご当地グルメの今後の展開について話し合いました。


おそらくブログをご覧頂いている方の多くは、今後新・ご当地グルメがどうなっていくのだろうと、先ずはそのことをお考えになるだろうと思います。


共通の認識としては、
編集長はリクリート(東京)のじゃらんリサーチセンター エリアプロデュースチームのエグゼクティブプロデューサーに就任される。その主なミッションは、北海道で多くの実績を得た新・ご当地グルメを全国に広め、各地の食を通じた観光力向上のためにじゃらんのプロデュース力を高める役割を担う。また自ら全国をまわり、プロデュースそのものを行なう。
そしていずれ帰ってくる。


「新・ご当地グルメ」の取り組みを全国に広める、その第一歩を踏み出すわけです。私たち北海道の新・ご当地グルメはがんばらなければなりません。


その方策のひとつは「ネットワーク化」。


まもなく道内で18となる新・ご当地グルメのネットワーク化をめざします。


情報を共有し手法を学ぶことで各地の発展を後押しし、これから取り組みを開始する地域もサポートする。また束になることで出来る色々な企画にもトライする。


ネットワークを通じて活路を開き可能性を押し広めることができれば、北海道の食の魅力をさらに高めることに繋がると思います。


 



せっかく芽室に来たので、十勝芽室コーン炒飯を皆で食べました。
私が注文したのはBセット。一口カツがのっているタイプです。
十勝の新・ご当地グルメ第一号の十勝芽室コーン炒飯は、生産日本一を誇る芽室町のスイートコーンをたっぷり使った炒飯定食で、特製のコーンバターや芽室産のきらら397、地元の農畜産物にこだわったメニューです。
スープにもコーン、そしてこのお店ではデザートとして付くヨーグルトのソースもコーンで出来ていました。
このコーンの量には少し圧倒されましたが、カツもソースも良い味で、飽きずに食べられるよう、つけあわせもちゃんと工夫されています。


 



お隣の方はCセット。コーン入りの地元産ソーセージがのっています。


 



十勝芽室コーン炒飯は現在町内の6つの飲食店で販売されています。


 



とても参考になったのがこれ、この取り組みを後押しする233人のサポーターの名前が記されている特製ランチョンマット。人口1万9千人の町で、これだけのサポーターを集める推進協議会と町民の皆さんのパワーに驚きました。
昨年の7月にデビューし、一万食を突破。十勝新・ご当地グルメのパイオニアとしてこれからもがんばってください!


 



2時間半という短い時間でしたが、良い緊張感があり、また楽しかったです。
今後に期待がもてる集まりであったと思います。
今日は、集まったメンバーにとって記念すべき日です。新・ご当地グルメにとっても。


今後に注目していただければと思います。



十勝芽室コーン炒飯ホームページ
 → http://memurocorn.web.fc2.com/


十勝芽室コーン炒飯ブログ
 → http://blog.goo.ne.jp/memurocorn


ファミリーとんかつの店あかずきん
 → http://www.shokokai.memuro.net/map/deta/me-puru/akazukin.htm


 

| 未分類 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/447-eea02d36

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。