オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

全国B級グルメスタジアム 無事終了しました。



5月23日(土)、24日(日)の二日間、静岡県袋井市の小笠山総合運動公園エコパスタジアムで、「全国B級グルメスタジアム」が開催され、オホーツク北見塩やきそばが十勝芽室コーン炒飯とともに北海道代表として参加しました。



二日間で2,000食を販売しました。
北見に戻ってから4日たちましたが、まだ疲れが取れません。
それほどすごいイベントだったのだなと改めて思います。


とにかく息つく暇もない、ひたすらやきそばを作って出すので精一杯でしたが、いろいろと得るものがあり、意義深いイベント参加でした。デジカメで撮った画像も交えて振り返り、今回のイベントのレポートを締めくくろうと思います。


推進協議会からは三名がこのイベントに参加。
ホテル黒部の料理人の八木澤、推進協議会事務局の小椋、そして私(拔山)という、これまでイベントには何度も出てきたメンバーです。


八木澤さんは、オホーツク北見塩やきそばがデビューしたときから、イベント向けの鉄板調理で最も美味しい塩やきそばの作り方を見出した人物。材料の段取りから仕込み、収支計画までを全て一人でやります。
小椋さんは、事務局長としてオホーツク北見塩やきそばの運営全般を陰で支える人物。会計や事務に加え、最近ものすごく多くなってきたさまざま企画オファーの窓口を担当しています。
そして私はこのブログ担当で、オホーツク北見塩やきそばの味付けを開発。今は、ナンデモやります的な立場。


推進協議会の中では若手の選抜メンバーですが、みな普段からオホーツク北見塩やきそばの運営を支えているという自負もあり、北海道の代表としてふさわしい仕事をしようと、気負い立ってイベントに臨みました。


 



山間にそびえ立つ、会場のエコパスタジアム。2002FIFAワールドカップが開催された施設です。北見にはない大きな建造物に少し圧倒されました。
JR東海道本線「愛野駅」から徒歩15分、駅前からスタジアムまでの歩道は、車道と幅が同じぐらいでした。きっと大きな大会があるたびにすごい数の人がスタジアムに向かって大挙するのでしょう。


 



スタジアムの中。5万人収容のスタジアムはあまりに大きく、目が慣れるのに時間がかかりました。


 



食券の販売開始を待つ人の列。はるか遠く、視力の限界まで並んでいます。
一日5万人の来場を見込んでいたようですが、初日の人の入りは12万人だったそうです。北見の人口と同じではないか。一体最後尾の方は何時間待ってくださったのでしょう。


私たちも一日1,000食を用意してましたが、今回参加した44団体全てあわせても、3万6千食ぐらいだったのではないかと。しかもみんなハーフサイズです。


これを見て怖くなりました。


 



10時の販売スタートを前にとにかく作り貯め。朝7時に来て、それからひたすら作り続けます。現地スタッフが一名ついてくれて合計四人で切り盛りします。


 



たった一人でやきそばを二日間焼き続けたヤギちゃん。
代わってあげたくても、私とオグラちゃんは料理人ではないのでどうすることも出来ません。


 



ハーフサイズの大盛りといった感じです。
400円は安かったと思います。ほかはこの半分ぐらいのところもありました。


 



ブース前の行列。
最後尾が見えません。それでも15分ぐらいでお渡しできる状況。
ヤギちゃんの鉄板調理のパフォーマンスは結構見ごたえがあり、並んでいる方も退屈ではなかったと思います。


 



最後尾から。
暑い中、皆さんありがとうございます。


 



「いらっしゃいませ」、「ありがとうございました」
2,000人の方に、心をこめて。
オホーツク、北見の名前と北海道の味覚は、皆さんの印象に残ったでしょうか。



今回の価格と量、人数では二日間で2,000食がベストというか限界。残念ながら今回は他の団体のグルメを見に行くことも食べることも出来ませんでしたので、あと一人いればよかったと思います。
「全国」と名がつくイベント参加は今回が初めてです。
またいつかこのようなイベントに参加できる機会はあると思いますが、この経験を生かして、さらに良い結果が得られるようにこれからもがんばりたいと思います。


参加された44団体の皆様、また本イベントの実行委員の皆様大変お疲れ様でした。


 



番外編。
イベントの前に寄り道して富士宮へ。
歴史とソースの香りが漂うこのマチで、本場のやきそばを食べてきました。


 



シンプルなやきそば。
おいしいですね。

| 未分類 | 02:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/505-f3065d5e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。