オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オホーツク干貝柱塩ラーメン開発日記 



「オホーツク干貝柱塩ラーメン」の定義は、


オホーツク産のホタテ干貝柱の美味しさをたくさんの方々に知ってもらうために開発した、オホーツク広域エリアで展開する新・ご当地グルメ。蒸し戻ししたホタテ干貝柱をまるごとトッピングし、ホタテの風味を効かせた塩味の「地産地消ラーメン」


これまで輸出を主たる柱としてきたオホーツクの干し貝柱生産は、中国の経済情勢や中国産干し貝柱の攻勢などの影響で大きく減少しています。


地域を支える産業を守らなければなりません。


「オホーツク干貝柱塩ラーメン」の開発は、オホーツク産の干し貝柱の美味しさを、ラーメンというメニュー中で、最大限に活かすことを基本コンセプトにはじまりました。


開発チームを応援してくださるのは、オホーツク北見塩やきそば推進協議会の主要なメンバー。
笑安記には毎週のように集まり、試食会を開催しました。
オホーツク北見塩やきそばの開発のときと同じく、厳しい目で評価。


 


【2.オホーツクが誇るホタテ干し貝柱を活かす その2】



◆中華料理の高級食材「干し貝柱」の美味しさ


干し貝柱は、ホタテの貝柱を食塩水で煮て味付けし、天日干しや乾燥機で1ヶ月間かけて作られます。干すことで旨味が増し、あの独特の美味しさになります。


中華料理では高級食材として使われ、その用途はスープの出汁を取ったり、料理の具材などいろいろです。


普通は水戻しして、そのままほぐしたり蒸すなどしたものを材料として使います。


このラーメンではどう使うか。


 



最初はこのようにほぐしてみたり、


 



今度は歯ごたえを出すため硬めにしてみたり。


ほぐすことで見た目のボリューム感は出るものの、いまひとつ「干し貝柱」の存在感を出し切れない。旨味はそれなりですが、なんとなく物足りない。


“どこにでもあるようなホタテラーメン”の域を超えられません。


干し貝柱は大変高価な食材です。たっぷり使えば迫力は出ますが、その分値段が高くなってしまいます。


 


そこでやってみたのは、


 



まるごとホール状態。


「おいしい!!」


戻して蒸す過程で貝柱の中に旨味の濃いジューシーなエキスが流れ落ちることなくそのまま残っています。そして、まるごと一個をほおばる贅沢感、それが二個も。


ホタテ干し貝柱が『主役』と感じるに、十分な存在感があります。


 


「オホーツク干貝柱塩ラーメン」の定義・ルール


第二条 オホーツク産のホタテ干貝柱を蒸し戻しし、まるごとトッピングとして使用する


 

| 未分類 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/516-22788145

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。