オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オホーツク干貝柱塩ラーメン開発日記



オホーツク干貝柱塩ラーメンの販売開始日が7月23日(木)に決まりました。


これまでのお話はメニュー開発の経過ということで、時期そのものは5月下旬頃までのこと。


このメニューをデビューさせるためには、提供店の募集、ルールに基づく麺やタレの製造と供給の段取り、発表会の開催、プロモーションの企画などやることがたくさんあります。



ここからは、デビューまでの取り組みの記録をご紹介していきます。


 



メニューの内容がほぼ決まり、5月19日(火)、笑安記で関係者による試食会が行なわれました。


この日の出席者は開発チームのほかに、


リクルート旅行カンパニーじゃらんリサーチセンター
エグゼクティブエリアプロデューサー(EAP) ヒロ中田氏


網走セントラルホテル関係者、北海道じゃらんスタッフ、北海道ぎょれん担当者などが集まり、開発したオホーツク干貝柱塩ラーメンの提案作品を試食評価しました。


さらにこのメニューの定義やルールの確認、原材料の供給方法や原価に関する協議、北海道じゃらん誌面掲載に向けた各種の調整なども行ないました。


内容はほぼOK、味に対しても評価をしていただけました。


また、この協議の中で、メニューの価格は1,000円以下にすることに決まりました。
高級食材である、ホタテの干し貝柱を2個も使ったメニューということで、価格に関しては皆も気になるところでしたが、最終的には850円で販売可能と判断し、提供店候補者に対してもこの価格で提案していこうということになりました。


 



6月3日(水)には、提供店候補者に対する説明会を行ないます。



この協議により、オホーツク干貝柱塩ラーメン地域活性化協議会を正式に発足。


会の代表には、メニュー開発のリーダーである笑安記の千代オーナーシェフが就任することになりました。



今後は千代会長の下、デビューに向けて一丸となって進めていくことになりました。


 


オホーツク干貝柱塩ラーメンカテゴリ
 → http://blog.goo.ne.jp/kitami-shioyakisoba/c/88a60cc31b2ca92f10e9313251c85367

| 未分類 | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/557-5cb55598

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。