オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ノーステック財団 地域ネットワーク会議



この数週間は講演をしたり、FMラジオへの出演、テレビ出演などいろいろなことがあり、ブログの更新があまり出来ませんでした。来週も講演があり自分の仕事のPRを出来てとてもありがたく思っています。


先週の食衛協に続き昨日(9/1:火)は北見芸術文化ホールにおいて、平成21年度ノーステック財団 第2回地域ネットワーク会議(北見)が開催されました。


 



タイトルは「地域資源を活かした食品開発」
オホーツク北見塩やきそばの取り組みを中心に、センターが地域の皆さんとこれまで開発した地域資源を活用した商品と、食を通じた町おこしの事例について60分お時間を頂きご紹介させていただきました。


 


ノーステック財団(財団法人 北海道科学技術総合振興センターは以下の4つの事業を柱に、北海道産業の振興と活力ある地域経済の実現のため、科学技術の振興と技術シーズの事業化支援について関係機関との連携しながら様々な支援を行なっています。



◆研究開発支援事業
産学官連携による独創的技術・研究開発の推進-
産学官の連携を強化し、シーズ・ニーズの発掘・マッチング、プロジェクトの創出・推進を図ります。


◆産業クラスター形成事業
産学官連携による成果、企業・起業家・地域から提案のあったビジネスプランを検討し専門家によるコーディネート機能を活用し実用化・事業化の実現を支援します。


◆産学官連携事業
大学にある知の資源を活用して、産学官が連携しつつ、研究開発の促進と新たな事業の創造を通して、地域経済の活性化を図ります。


◆サポート事業
ビジネス化を加速するため北海道最大のビジネスイベントとして定着している「北海道技術・ビジネス交流会」を引き続き支援していく他、知的財産の創造促進や戦略的活用を推進する知的財産セミナーの開催、ビジネス化に視点をおいたセミナー・発表会等を開催することにより、普及啓発・人材育成を推進しています。



今回の地域ネットワーク会議は、産業クラスター活動に取り組んでいる道内の各地域研究会から5研究会18名、支援機関などから8機関24名(合計42名)が参加し、各地の活動成果と現在の状況について情報交換を行なう機会となりました。


北見での開催ということで、道東地域でのモデル的な取り組みの例として、オホーツク北見塩やきそばや本別町のブランド作りの事業(「キレイマメ」)が紹介されました。


 


来週の月曜日は、厚岸町商工会のみなさま、
また10月と11月にも講演の予定があります。北見の取り組みに関心を持っていただけるということでとても嬉しく思っています。


 


ノーステック財団(財団法人 北海道科学技術総合振興センター)
 →
http://www.noastec.jp/


十勝本別 キレイマメ
 →
http://www.town.honbetsu.hokkaido.jp/kireimame/kireimame.html

| 未分類 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/620-de40bbd0

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。