オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2007オホーツク木のフェスティバル


5月18日(金)から3日間の日程で行なわれた第22回 2007オホーツク木のフェスティバルにおいて、オホーツク北見塩やきそば推進協議会と(社)全日本司厨士協会北見支部合同による、オホーツク北見塩やきそばの販売が行なわれました。


開催期間中はあいにくの雨模様の天気にもかかわらず、連日1万人を超える来場で賑わいました。私達はこのフェスティバル会場の飲食コーナーにて、最終日の20日のみの提供となりましたが、多くの方に食べていただき大変よいPRができたと思います。


大型の専用鉄板二台を使い、大量に調理していきます。ものすごい湯気です。調理担当は、ホテルの料理人の方々とあって、白衣に高いコック帽といういでたち。私達のいた場所は飲食会場の一番奥のスペースでしたが、この格好の目立つこと。料理の鉄人(古いか)を見ているような、何かすごいものを作っているんだぞというような圧倒的な雰囲気でした。



ホタテやイカ、もちろんタマネギも入ります。非常に具だくさんの贅沢なやきそばになりました。高火力のなせる、麺のおこげもしっかりとついてます。



お昼のピーク時には座る場所がないほどの混雑。



一皿600円で販売されたオホーツク北見塩やきそば司厨士協会バージョン、イベントのため鉄板での提供はいたしませんでした。



こちらはスペシャルカット。会長も自らヘラを握り調理します。今回も大忙しでした。実は今回のメンバーは前日も市内の大きなイベントがあり、そこでも60キロものやきそばを調理したばかり、その疲れも見せず皆さん大変がんばりました。今後もプロモーションを兼ね、市内の色々なイベント催しでオホーツク北見塩やきそばが販売されることになると思います。ぜひ期待していてください。


関係者の皆さんたいへんおつかれさまでした。

| 未分類 | 21:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/68-29cd1c68

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。