オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

第12回 美味とかち大収穫祭 食観光フォーラム



10月1日(木)、「第12回 美味とかち大収穫祭」(北海道全調理師会帯広支部主催)が帯広市の北海道ホテルで開催され、関連行事の「食観光フォーラム」に当推進協議会の梶井会長がパネラーとして参加しました。


フォーラムのテーマは、


『調理師が進める地域づくり ~調理師の役割』


「オホーツク北見塩やきそば」や「北のガレット(釧路)」、「十勝芽室コーン炒飯」、「十勝おびひろ枝豆サラダ麺」の開発に携わった料理人がパネル討論を行ないました。


◆パネラー
オホーツク北見塩やきそば推進協議会会長 梶井敏幸(ホテル黒部総料理長)
それゆけ!北のガレット大作戦会議代表 楡金久幸 氏(釧路全日空ホテル総料理長)
十勝芽室コーン炒飯推進協議会会長 高橋広明 氏(めむろ新嵐山副料理長)
十勝おびひろ枝豆サラダ麺地域活性化協議会会長 工藤一幸 氏(北海道ホテル総料理長)


・コーディネーター
(社)北海道全調理師会帯広支部支部長 小林利春 氏(日本料理喜舟 代表取締役)


 



食と農業の中心地である帯広に、


豊かな食材と料理を通じて町おこしに取り組むシェフが集まり、熱い思いを語り合いました。



この催しではこのほかに、十勝の旬の味覚を味わえるグルメフェスタや料理コンクール、フランス料理の講習会が行なわれ、今夏誕生した「十勝おびひろ枝豆サラダ麺」の試食会も行われました。

| 未分類 | 23:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/726-ffae188b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。