オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

FMくしろ「エゾシカ・ゼミナール」


釧路市のコミュニティFM放送局「FMくしろ」の番組に電話出演しました。


番組名は「エゾシカ・ゼミナール」


私の本来の仕事でもあるエゾシカ肉の有効活用に関する専門の番組です。


ラジオ番組への出演は初めてではありませんが、結構緊張しました。



※FMくしろ/エゾシカゼミナール
北海道を代表する野生動物、エゾシカ。しかし近年は個体数の増加に伴い森林業や農業への影響、列車や車との衝突事故などが深刻です。一方で食材や皮革素材に用いられ人気も高いなど、貴重な天然の動物資源でもあります。エゾシカの生態や人間との歴史、日本各地のシカから世界のシカの話、エゾシカ最新情報まで毎回、楽しくエゾシカについて学んでいきましょう。


 


収録したのは先月のこと。
三週分を一気に収録し、一時間以上かかりました。うまく編集してくださったようです。


そして収録後に、番組ナビゲーターの岡本さんとパーソナリティーの平迫さんによるエゾシカソーセージの試食の回が追加されました。


9月30日~10月21日までの4週間にわたって放送された番組は、下記メディアファイルで聴くことが出来ます。



【第1回 エゾシカのヒット商品は】
北見市にある北海道立オホーツク圏地域食品加工技術センターの研究員、拔山 嘉友(ぬきやま よしとも)さんにお話を聞く特別講義。食品加工のプロの目から見て、エゾシカ肉の特徴は?
放送日:2009/09/30


メディアファイル
 → 0930_09.mp3


 


【第2回 エゾシカの醤油】
北海道立オホーツク圏地域食品加工技術センターの研究員・拔山 嘉友さんに、開発を手掛けている鹿醤(エゾシカ醤油)のお話を聞きました。
放送日:2009/10/7


メディアファイル
 → 1007_09.mp3


 


【第3回 大絶賛のエゾシカソーセージ】
北海道立オホーツク圏地域食品加工技術センターの拔山さんに、ソーセージ作りのお話を聞きました。エゾシカ肉と相性の良いスパイスがあるそうです。
放送日:2009/10/14


メディアファイル
 → 1014_09.mp3


 


【第4回 やっぱり、おいし~い♪】
前回の放送でご紹介したエゾシカソーセージが、拔山さんから届きました。番組収録中にもかかわらず、食べる、食べる・・・
放送日:2009/10/21


メディアファイル
 → 1021_09.mp3


 


FMくしろエゾシカゼミナール ON-AIR 水曜 8:30~
 →
http://www.fm946.com/feed_ezo.html


ナビゲーター:農学博士・管理栄養士 岡本匡代さん
釧路短期大学講師。専門分野である食品・栄養学の視点からエゾシカ研究を行い、博士号を取得。現在もライフワークとして研究を続行中。(社)エゾシカ協会や猟友会、帯広畜産大学、東京農業大学、兵庫県立大学などの関係機関と連携しながら、エゾシカの有効活用やワイルドライフ・マネジメントに基づいた提言を行っています。美味しいエゾシカの話は特に饒舌になる、エゾシカ業界期待の若手研究者。


パーソナリティ:平迫なおこ さん


 



FMくしろ
 →
http://www.fm946.com/

| 未分類 | 22:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/735-e7222899

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。