オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ついに商品化!「エゾ鹿ソーセージ」



このブログでは何度も何度も書いていますが、私の食加技センター研究員としての専門は「エゾシカ肉の資源有効活用」です。


専門として取り組んできた仕事でようやく成果が出ました。
しかも自分の母校と一緒に取り組んできた商品企画です。これは本当に嬉しい!


12月25日(金)の北海道新聞朝刊(オホーツク欄)にも載りましたので、これで公開OK!ということでご紹介させていただきます。



以下、プレス向けの資料です。



News Release.
--------------------------------------------------------------------
エゾシカ肉を使ったソーセージの商品化について
道立オホーツク圏地域食品加工技術センター 研究員 拔山 嘉友


株式会社東京農大バイオインダストリーではこのたび、北海道知床産のエゾシカ肉を使ったソーセージ「エゾ鹿ソーセージ」を商品化し発売しました。



●これまでの経緯
・開発のきっかけ
平成17年に札幌市で行われたエゾシカフォーラム(200人)での試食会(400人)で、和・洋・中のエゾシカ料理が多数ある中、加工品とひてはただひとつソーセージ類を試食提供し、大変講評であった。


・その後の経過
翌年度より研究テーマを「エゾシカ肉の資源有効活用と食肉製品の開発」とし、本格的に開発に着手。肉質の研究や加工適正の評価などを東京農大と共同で行い、そこで得られた新しい知見や技術を活かしながら製品の開発を行った。


・商品化の道筋
開発品は東京農大の「エゾシカ学」応用過程の講座「ソーセージ加工実習」において講習会の題材とし、平成20年度から今日まで8回の実習を行い、エゾシカ学を受講する学生と市民大学受講者が延べ160名参加している。
その実習での受講者の評価や感想を取り入れながら改良を重ね、このたびの商品が完成した。
遠軽町のハム・ソーセージメーカー「吉川産業株式会社」に技術提供し製造委託により商品化した。



●商品について
・特徴
オリジナルのスパイス調味と製法により、エゾシカ肉のうまさと色調を活かした商品。


・原料
エゾシカ肉はウデ肉などの低利用部位を使い、またパリッとした歯ごたえと、のど越しの良さを高めるため豚のバラ肉を混合して食感の向上とコストの低減も図った。
エゾシカ肉の割合は全体の45%。


・食し方など
冷たいままで、また焼いたりボイルしてもよい。それぞれの美味しさを十分に堪能できる。


・規格と価格
ウィンナータイプ/4本入り120グラム
フランクタイプ/2本入り120グラム
価格:各450円(税込み)


・販売店など
東農大バイオインダストリーアンテナショップ「笑友(エミュー)」
 北海道網走市南6条西3丁目
 ホームページ →
http://www.nodai-bio.jp/
 ネット販売  → http://minoriya.ocnk.net/product/25
肉のたかはし
 北海道斜里郡斜里町港町1 北海道 斜里郡斜里町 港町1



●今後の展望
この商品を東京農大のエゾシカ学と市民参加による開発商品として位置づけ、エゾシカ肉の有効活用に対する地域の気運を高めることを目標に、飲食業や観光物産事業者などとも協働しながら商品の利用普及を推進する。具体的には圏域の地ビールレストランや焼肉店での利用や道の駅などでのシカドック等の販売展開を企画していきたい。



●本件に関するお問合せ先
株式会社東農大バイオインダストリー
〒093-0006北海道網走市南6条東3-3
電話番号:0152-43-7233   FAX:0152-43-7233
メールアドレス:
info@nodai-bio.jp


--------------------------------------------------------------------


以上、長々と書いておりますが、平成17年秋の開発着手から、商品化までに4年もかかったという、私個人としてもこんなに長く時間をかけてじっくりと取り組んだ商品開発は初めてです。


 



農大バイオインダストリーのショップ「笑友(エミュー)」に現物を見に行きました。


 



このショップでは、同社が携わっているエミュー関連の開発商品(菓子類、コスメ製品)などの販売や地域の特産販売、東京農大が開発協力した商品を多数取り扱っています。


 



しっかりと燻煙がかかり、さらに良い風味に進化した味。


 



道新にも出ていた同社のスタッフさとうさんと。
嬉しさのあまり、おだちすぎました。はっぴまで借りて写真撮影を強要。
いやすみません、ほんとうに。


(株)東京農大バイオインダストリー通信(ブログ)
 →
http://ameblo.jp/bioindustry/day-20091225.html


 


人気ブログランキングへ
今日もご覧くださりありがとうございました。
ランキングに参加中です。
クリックお願いします。

| 未分類 | 17:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/787-07024fe2

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。