オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

観光会議北海道 vol.22 2007・夏号


(株)リクルート北海道じゃらんと札幌国際大学観光学部が協力して発行している観光業界向け季刊誌「観光会議ほっかいどう」にオホーツク北見塩やきそばが紹介されました。
この雑誌は、書店にはなく、全道の観光課・観光協会、旅館・ホテル経営者、旅行会社の方々など、観光に携わる方々に無料配布されているものです。


今回のvol.22では、
「市町村合併で豊富になった食の魅力をまちおこしに生かす」ために、オホーツク北見塩やきそばのメニュー開発を行い、その苦労話やエピソード。そしてデビューしてからの状況について、会長のコメント入りで紹介していただいてます。


そして、道内人気観光地調査の結果も関東の特集で組まれていました。これは、雑誌「じゃらん北海道発」で行なった調査で、1000人ものアンケートの結果です。
思い返せば昨年の11月にヒロ中田編集長が北見に来て、北見の観光満足度の低さを、このアンケートの結果をもとに説明してくださいました。そしてやきそばの提案をうけ、食による満足度の向上を目指そうという試みがこうして今日のデビューを果たし、多くの人たちに食べていただくことが出来たわけです。今後、満足度を揚げることは出来るものでしょうか。北見はもともと出張などで、訪れるビジネスマンの滞在が大変多い町でもあります。この方達には少なくとも食の満足度はあがったのではないかなと思いますが、いかがでしょうね。

| 未分類 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/80-10af964f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。