オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オホーツク園芸セミナー



今日(2/23:火)は網走へ、


オホーツク園芸セミナーの講演です。


 



会場は網走市北コミュニティーセンター、
体育館に席を設けての開催です。


参加者は管内の農業生産者、JA、農業改良普及センター、支庁関係者など約70名です。


このセミナーは以前「たまねぎセミナー」という名称で、去年までは北見市で開催されていました。たまねぎのみならず園芸作物全般について、新たな生産技術や流通・加工の取組など、バラエティに富んだ内容をということで、私も呼んでいただけました。



内容は下記の通り


(1)園芸作物をめぐる情勢について
   講師:農林水産省生産局生産流通振興課 野菜調整官富山武夫氏


(2)アスパラガスの伏せ込み栽培について
   講師:網走農業改良普及センター遠軽支所 専門普及指導員小林靖幸氏


(3)農業生産工程管理手法(GAP)の推進について
   講師:NPO法人オーガニックサポート 事務局長澤井潤子氏


(4)地場産物の利用拡大に向けた加工の取組について
   講師:オホーツク圏地域食品加工技術センター 研究員拔山嘉友


 



生産者の方たちや農業関連の関係機関の方たちに対して講演ができるというのは本当にうれしいことです。


産物を利用する立場というよりも、みなさんが作ったものの価値を高めるための仕事にもぜひ関心を持っていただきたいと思います。


そして地域を支える農業と、加工や飲食などの食品産業とが「町おこし」という共通の目標をもって新しい取り組みを生む機会になってほしいと思いました。

| 未分類 | 22:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/821-f91cf40b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。