オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ブログレポート4 ホテルパコJr北見 レストラン 北美月(きたみづき)


「オホーツク北見塩やきそば」提供店をご紹介するブログレポート。
4件目は「ホテルパコJr北見 レストラン 北美月(きたみづき)」です。


北見はオホーツク地域最大の中核都市、産業・経済の拠点として発展してきました。このため北見を訪れる方たちの多くは、観光客よりもむしろ出張のビジネスマンが多いといわれています。市の中心部には多くのビジネスホテルが立ち並び、JR北見駅周辺は以前とは大きく趣が変わってきました。
今回ご紹介するホテルパコJr北見も駅前に最近(といっても5年ほどになりますか)立てられた、道内10店舗あるホテルパコグループのチェーン店です。


「オホーツク北見やきそば」は、提供店23店のうち4店がホテル内のレストラン。普通、ホテルのレストランといえばなんとなく敷居が高いように感じる方もいるかもしれませんが、どの店も観光や出張で来られた方はもちろん、昼時には地元のOLやサラリーマンの方たちなどにも利用されています。手軽な価格帯のメニュー構成が地元客の人気と料理の質のよさを維持しているように思います。


ホテルパコJr北見の2Fにあるレストラン「北美月(きたみづき)」は平成18年の9月に店内を改装し、メニュー構成も地元の食材を多く取り入れたものに変わりました。明るい内装の店内にはテーブル席と小上がり、カウンター席があり、一人でも数名での利用にも問題なし(55席)。ランチタイムのセットメニューにはサラダバーが用意されるなど、栄養面で偏りがちな外食メニューにも心遣いが感じられます。

さて、肝心のオホーツク北見塩やきそばですが、
こちらのレストランは6月に新たに提供店として加わったため、既にメニュー提供されているお店をいくつも食べ歩き、独自の味付けを研究したというだけあって、シンプルな中にもバランスの取れた味わいを信条としています。地元の野菜はもちろんのこと、ホタテは稚貝を使っています。上に盛られた白髪ネギが大きな特徴で、コクのある味付けの割には最後まで飽きずに食べられます。また嬉しいのはコーヒーとサラダが一緒についてくる点と、「魔法の水」は小さなポットに入って添えられており、お好みで塩分や風味の調整が出来ます。



国道39号線沿い、JR北見駅から徒歩3分。新しくなった北見信金本店側を東に進みますとすぐにあります。
駐車場はホテルの真横と、裏手の通りをはさんで向い側に広い専用駐車場もあります(30台)。ホテル側面の入り口から入ればすぐにエレベーターがあり、レストランは2Fです。


値段 880円
場所 北見市大通東2丁目
電話 0157-23-8512
営業 ランチ AM11:30~PM2:00、夕食 PM6:00~PM9:30(ラストオーダーPM9:00)(日曜定休日)



次回はまたいつか。お楽しみに。

| 未分類 | 22:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/84-0e4dc4ec

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。