オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

“ビア&カフェ ぼんち村”


週末にかけて天気が崩れるという予報は見事にはずれ、この夏一番ともいえる暑さの中、第54回北見ぼんちまつりの協賛事業“ビア&カフェ ぼんち村”にて、オホーツク北見塩やきそばの販売を行ないました。会場は市役所そばの中央公園、オホーツク北見塩やきそばの販売は20日(金曜日)の夜から3日間でした。 



オホーツク北見塩やきそば協議会メンバー、参加店からの応援を含め総勢9名のスタッフが日替わりで担当。リーフレットの増刷の資金源のため、最低600食は販売しようと気合がはいります。



20日(金)の17時30分からスタート。会場にも少しずつ人が集まってきました。メンバーも今回から、初お目見えの「オホーツク北見塩やきそばTシャツ」を着て挑みます。
味の調整のあと、夜からのピークに向け量産体制に入ります。作るところをずーっと見てましたが、見事な手さばきで15人前を一気に焼きます。さすがホテルの中華担当。プロが作るやきそばは美味しいですよ!



前日までは肌寒い天候でいたが、やきそば初日からとても暖かくなり、多くの来場者でにぎわいました。ビールも売れたことでしょう。



2日目、土曜日も快晴。屋台の中はサウナのような状態で、しかも高火力の鉄板の前とあってものすごい熱さです。普段厨房に立っている方たちにすれば、当然のことかもしれませんが、暑さに耐えられない私と事務局は、直射日光に当たっているほうがまだましということで、屋台の外で呼び込み兼販売担当をしていました。




この日は、会場の隣、市役所横の小公園で「市民の夕べ」が開催されており、午前中から多くの人手がありました。大型の鉄板を2台使ってどんどん焼きますが、間に合わず行列となってしまう場面もあり、ました。



焼くひと、盛り付けるひと、パックするひと、売る人というように流れ作業でどんどん作っていきます。



今回のやきそばは、パプリカを使い、彩りを綺麗に。青海苔ではなく刻みのりとネギを散らしたので、風味もよく大変美味しくできました。



3日間がんばって、売り上げの総計は当初の予定を大きく上回る1000食でした。材料は600食分しか用意していなかったので、調理担当スタッフの皆さんは追加の仕込み作業にも追われていたようです。
皆さん大変お疲れ様でした。

| 未分類 | 10:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/92-071a3ac9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。