オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

PRも大切な仕事(その2)



札幌でのカップめんPRを終え、その翌日はまず北見でラジオ番組の生放送。
北見ハッカ記念館にはたくさんのギャラリーが。



100803_nhk02.jpg

NHKラジオ第1「ふるさとラジオ ~ここはふるさと旅するラジオ(午後0:20~午後0:55)」にてオホーツク北見塩やきそばが紹介されました。



100803_nhk03.jpg

梶井会長がステージカーの壇上に上がり、オホーツク北見塩やきそばを紹介。
旅するアナウンサー「島田政男」アナウンサーと。
「私たちはやきそば売っているのではなく、北見を売ってるんです」の言葉にギャラリーのみなさんもうなづいてくれました。会長かっこい~!



100803_nhk04.jpg

八木澤副会長による、調理の実演も放送されました。
皆の注目を集めながらのパフォーマンスはばっちりです。



100803_nhk05.jpg

終わったら皆さんにも食べていただきます。



100803_nhk06.jpg

事務局「はる」も手伝いに。



100803_nhk07.jpg

記念撮影。会長、副会長お疲れさまでした。



100803_aba01.jpg

今度は私の出番。放送後すぐに網走へ。
エコーセンター2000のアトリウムロビー。
管内の特産品が18各市町村から30品出品されています。



100803_aba02.jpg

写真左の方わかりますか?
東京農業大学名誉教授の小泉武夫(こいずみたけお)さん。
発酵学の権威で、北海道名誉フードアドバイザーのほか政府機関の顧問などたくさんの要職に就かれている方です。TBSの情熱大陸にも出演したことがあります。

今日は、オホーツクの特産品を集め、先生にアドバイスを頂いたり市民のみなさんに試食評価してもらうという主旨。私は主催のオホーツク総合振興局のみなさんに交じって会場運営のお手伝い。武田振興局長とともに先生をご案内する役でした。



100803_aba03.jpg

北見市からはオホーツク北見塩やきそばが参加。
先生も「これを食べてみたかった!」と。



100803_aba04.jpg

私が勤務するオホーツク圏地域食品加工技術センターの研究成果コーナー。
新発売のカップめんも試食に出されました。



100803_aba06.jpg

30品全部を食べつくし、一つ一つの商品にアドバイスを頂きました。
最後に「どれもすばらしい」と、オホーツクの食に高い評価をしてくださいました。
そして先生の「良い指導をしているね」の言葉に感涙。



100803_aba05.jpg

長く忙しかったこの一日。大変充実していました。

PRはまだ続きます。

| 未分類 | 23:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/931-4883e86c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。