オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

なまらうまい! オホーツク北見塩やきそば ~その1

atugi.jpg

オホーツク北見塩やきそば、今週末いよいよ神奈川県厚木市で開催される「第5回B-1グランプリin厚木」に、富良野オムカレーとともに北海道の代表として出場します。


tizu.jpg
厚木野球場

私たちが出店する会場は第二会場となる厚木野球場、全46団体中30団体が出店する大きな会場です(ブース番号は22番)。

どのような結果になるとしても、私たちの暮らすまち「オホーツク」そして「北見」の名前を全国の皆さんにPRし、北海道の食の魅力を知っていただけるよう、精一杯頑張ろうと思います。

その魅力とは「素材の良さ」。この秋の収穫時期は最高のタイミング
海と大地の恵みそのものを味わっていただけます。

おいしいと感じていただき北海道に行ってみたくなるような、私たちが自信を持ってお勧めできる「オホーツクの風味」をしっかりと、パックの中に詰め込んで提供させていただきます。

ぜひ会場に来てください。


kitami.jpg

私たちがいる北海道北見市は、平成18年の3月の合併によって、北見市(きたみし)、端野町(たんのちょう)、常呂町(ところちょう)、留辺蘂町(るべしべちょう)がひとつになり、北海道最大・国内4番目となる広大な面積を誇る新しいまちになりました。


kitami2.jpg


大雪山系の石北(せきほく)峠から肥沃な大地を経てオホーツク海までつながり、恵まれた山林から生産される木材資源と、生産量日本一のタマネギなどの豊富な農産物、そして流氷がもたらす豊かな海が育んだホタテなどの海産物、これら豊富で良質な資源が私たちのまちの産物となりました。

オホーツク北見塩やきそばは、そんな新しい北見市を「食」でまちおこししようと地元の飲食店や研究機関により企画開発された、地産地消型の新・ご当地グルメです。


100901_soukou032.jpg
この度のB-1グランプリ出場にあたり、
このブログをご覧くださる全国の皆さんに、地元が誇るオホーツク北見塩やきそばおいしさをご紹介いたします。


海と大地の恵み ~その1【うまいぞ!オホーツクのホタテ!】

◆北海道のホタテ貝の生産量は年間約38万5千トン

平成19年の北海道の漁業生産高は、数量で135万トン、金額では2,901億円です。

そのうちホタテ貝の生産量は38万5千トン(殻付)で全国の8割、道内の魚種別の生産量では第一位です。※第二位:すけとうだら(20万トン)、第三位:さけ(17万トン)

とくにオホーツク沿岸域の生産が最も多く、宗谷支庁・網走支庁管内をあわせて23万6千トンで北海道の生産量の6割以上を占めます。(出典:平成19年北海道水産現勢:北海道水産林務部)

北見市常呂地区のホタテは全国有数の産地として知られており、生鮮魚介として、また干貝柱などの加工品として全国に出荷されています。



ホタテ2s
特にサロマ湖の養殖ホタテは地元を代表する食材で、大きくて身の引き締まった貝柱は私たち市民も大好物です。


◆B-1グランプリ用の特別なホタテをゲット!

地元のお店では、地元らしく旬の時期には生のホタテを使用してそのおいしさを十分に堪能していただけますが、大規模なイベントほど衛生上の理由から、大量に生のホタテを扱うのは難しいと思います。

それでもこのB-1グランプリに、最高のものを使いたいとの思いから、常呂漁協に相談をしたところ、大変良い食材を仕入れることができました。

通常は流通することがないという、この特別なホタテは、地元の料理人もびっくりするほど旨みの濃いもの。どんな作り方をするかご紹介します。


ふつう、漁獲されたホタテは生鮮以外は貝柱をはずして凍結させる玉冷、ボイルホタテ、干し貝柱などの加工品として利用されます。

今回仕入れたホタテは、ボイルホタテというもので熱処理を施してあるものです。

通常はスチームや温水ボイルによる加工となりますが、みなさんに食べていただくものはそれらとはちょっと違うものです。

水揚げされたホタテを殺菌された海水でボイル、これは熱処理の工程で旨みが外に逃げ出さないようにする工夫の一つです。

目をつぶって食べてみると、まるで「浜ゆでのカニ」のような磯の香りと甘みがあり、濃厚なホタテの旨みが口の中に広がるのがはっきりと分かると思います。

この工程を経たものは、すべて貝柱をはずして干し貝柱の原料にしてしまいますから、ごく限られた地元の人たちしかこの味をしらないそうです。そしてお盆明けから数週間しか漁獲しないという、貴重な貴重なホタテなのです。

tokoro2.jpg

そのホタテを、ボイル後にウロ(中腸腺という黒い部分)をはずしてIQFという急速バラ凍結を行っていただき、解凍による旨みの流出を最小限に抑える加工方法で厚木に持って行きます。

量はなんと300キロ!

まさしくこれは「浜ゆでホタテ」

なまらうまい!!

ato4niti.jpg

| 未分類 | 00:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/960-1ff0764d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。