オホーツク北見塩やきそば応塩隊 ブログ

ホタテやタマネギ、オホーツクが誇る産物を使った「食によるまちおこし」の取り組みをご紹介します。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT


≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

きたみ素描(デッサン) 「10月の風景 野付牛公園編」

出かけるときにはできるだけカメラを持って行くようにしています。

四季折々の北海道らしい風景や、季節の変わり目を象徴するような、その一瞬しか見られないようなものもあります。

どうしても移動は車ばかりになってしまいますが、職場と目的地の間で目に入る風景を、窓越しにでなくその場に立ってカメラを向けたりしていると、頭の中の整理に役立ちます。

オホーツク北見塩やきそばを生み、それをはぐくむ北見の気候や風土をこの「きたみ素描(デッサン)」のコーナーでご紹介しています。




101015_kouyou01.jpg

今日は午前中に美幌で仕事があり、その帰り道。

おそらく緑肥と思われるひまわり畑。
背丈は膝の高さぐらい。小さな花が本当にかわいい。

真夏の強い光を跳ね返すような黄色と違い、収穫を終えた畑をやさしく覆うように柔らかい色調で一面。



101015_kouyou02.jpg

野付牛公園。
いろいろな樹種がそろい、水面に映る木々の色合いは季節ごとに違います。



101015_kouyou05.jpg

幼稚園のバス遠足があったのか、水筒とリュックを持った子どもたちの遊ぶ声と、落ち葉を踏む音が公園中に響いていました。

虫の鳴き声もないので、子どもたちがいなくなると急に静かになってしまいます。

晩秋の佇まいは何となく寂しい。



101015_kouyou04.jpg

今年の紅葉は、あまり鮮やかではありませんが、曇り空でもわずかな光をとらえて、公園の秋をしっかりと彩っています。



101015_kouyou03.jpg

葉が落ちた後は地面が明るくなり、滑らかな曲線が浮かび上がります。

この上はどうなっているのかな~。散歩をしたくなる。



101015_kouyou06.jpg

生き物を取るのは得意ではありません。

お尻を向けて逃げられてしまいました。

私も仕事に戻ります。

| 未分類 | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://kitamishioyakisoba.blog27.fc2.com/tb.php/992-cb21eda3

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。